未象の庭2017―荻野哲哉展/未象の庭+(プラス)

  • 印刷する
会 期
20171103日 -  20171115
開催時間
11時00分 - 19時00分
最終日17:00まで
休み
休廊:11月8日(水)
クリエイター在廊

荻野哲哉:全日程在廊予定
入場料
無料
展覧会の撮影
この情報のお問合せ
080-5224-1565 ギャラリー七面坂途中 
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー七面坂途中
住所
〒116-0013  東京都
荒川区西日暮里3丁目14-6
最寄り駅
日暮里
電話番号
-

詳細

展覧会内容

①未象の庭2017―荻野哲哉展

作者の家の押入れから見つかった古いアルバムから、日中戦争で亡くなった大叔父を含む軍服姿の人物写真を中心に抜き出し、有志からご提供頂いた戦争犠牲者の写真を加え、それらの画像を、展示場所の谷中に点在する、空襲を生き延びた被災樹木の葉に太陽光のみで焼き付け、ギャラリー空間に構成し展示する。展示後、葉は樹の根元へ戻され、自然の循環へ還っていく。

②未象の庭+(プラス)

参加作家(敬称略・五十音順)

田島昭泉(水彩絵の具)
成田浩彰(FRP)
日比野猛(エマルジョン)
古屋菜々(鉄)
松原容子(紙)
松本久恵(植物)

「未象の庭2017―荻野哲哉展」に隣接した部屋で、6人の造形作家の協力の下に行なう展示。
旧日本軍が製造した陶製手榴弾の残骸が、川越のびん沼川に今も放置された状態で散乱している。
これを素材としてを制作する。

手榴弾片 → 作品化 → 販売 → 販売益 → 原爆の図保存基金

この流れを成立させ、人を殺傷するために造られた武器の残骸を作品化し、お金の流れの終着点でその製造目的を反転させる。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。