TartarosJapan/Alternative Idol

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160213日 -  20160228
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月曜日
クリエイター在廊
この情報のお問合せ
NANATASU GALLERY
Email: nene.myka11@gmail.com
℡03-6419-7229
情報提供者/投稿者
開催場所
NANATASU GALLERY
住所
〒106-0031 東京都
港区西麻布2-12-4 小倉ビル3F
最寄り駅
乃木坂
電話番号
03-6419-7229

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

オリジナルキャラクター「SatanBouya-サタン坊や」をモチーフに、シンボルや美術作品を独自の視点から再構築。風刺やディフォルメなど漫画的手法と、東西美術シンボルを用いて、愛、信仰、文明、ロックなどのテーマに取り組むTartarosJapan。
現代の偶像「SatanBouya-サタン坊や」は、日本の漫画アニメのディフォルメと古代文明の偶像を参照したデザインが特徴。悪魔的なデザインの背景には、紀元前からの文明の交代劇の中で消された、角の有る神々への憧憬と、その長い人類史的視点で現代文明を観察する存在としての意味を持たせている。口が無いのは精神世界(息をしない、食べない、言葉のない魂の世界)を現し、漆黒の身体は、闇、宇宙、石油(地球と現代文明)を現す。
本展では、東西文明の中に含まれる様々なシンボルが混合された新作彫刻により、私達現代人にとってのオルタナティブ(もう1つの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない)な視点を探っている。

The artist Tartaros Japan has reshaped art and symbolism with the original character “Satan Bouya.” Designed with elements of manga-esque caricature and physical distortion while incorporating icons of Eastern and Western art, these works tackle themes including love, belief, civilization, and rock.

The contemporary idol Satan Bouya references physical distortion in Japanese anime as well as icons of ancient civilizations. The inspiration for his devilish design comes from admiration for horned gods that vanished in the dramatic changes of civilizations since B.C.E., and this long view of anthropology has significance in observing the contemporary world. Satan Bouya’s absence of a mouth denotes the spiritual world, where there is no breathing, eating, or speaking. His black lacquer body conjures up images of darkness, outer space, and oil, with its connotations of the earth and contemporary society. We citizens of the modern world may find alternative perspectives in these new sculptures blending symbols of East and West.

関連情報

[オープニングレセプション]
2月12日(金)/18:00-

[トークイベント]
下田ひかり×TARTAROS JAPAN
2月20日(土)開場16:00 開演17:00-
参加費:無料「新世紀の救世主と悪魔、子供たちの神話的表現の可能性」
下田ひかり現代美術家。可愛さと不気味さを併せ持つ子どもをモチーフに、現代社会の抱える問題をテーマとして作品を制作している。

Talk by Hikari Shimoda and TartarosJapan
“A New Century of Saviors and Devils, and Children’s Potential for Mythic Expression”
Date: Feb. 20 (Sat.) 17:00 ~
Admission: Free. First-come basis.

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。