企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」

木島櫻谷《双鹿図》 明治30年代 個人蔵

木島櫻谷《双鹿図》 明治30年代 個人蔵

openstatus
あと17日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240316日 -  20240512
    開催時間
    11時00分 - 18時00分
    ※金曜日は19時00分まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    4/30・5/7(火)(4/29、5/6は開館)
    入場料
    有料
    一般1,000円(800円)、高大生600円(500円)、中学生以下無料
    ※20名様以上の団体は( )内の割引料金 ※障がい者手帳等ご呈示の方はご本人および同伴者1名まで無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    泉屋博古館東京
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    泉屋博古館東京
    住所
    〒106-0032 東京都
    港区六本木1-5-1
    最寄り駅
    六本木一丁目
    電話番号
    050-5541-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     大正中期に大阪茶臼山に建築された住友家本邸を飾った木島櫻谷の「四季連作屏風」を全点公開します。大正期の櫻谷は、独特な色感の絵具を用い、顔料を厚く盛り上げ、筆跡を立体的に残し油彩画のような筆触に挑戦しています。そのために櫻谷は、“技巧派”などと称されましたが、櫻谷の真骨頂はそれに収まらない極めて近代的なものでした。リアルな人間的な感情を溶かし込んだ動物たちは絵の中で生き生きと輝きはじめ、とりわけ動物が折節にみせる豊かな表情は、観る者の心に沁みます。江戸時代中期(18世紀)京都で生まれた円山四条派の代表的な画家たちによる花鳥画表現を併せて紹介することで、櫻谷の「生写し」表現の特質をライトアップします。

    展示構成(予定)
    1. 四季連作屏風のパノラマ空間へ、ようこそ。
     木島櫻谷が描いた四季連作の金地大屏風が全面居並ぶ空間を、まずはご用意しましたので、心ゆくまでご堪能ください。
     四双の金屏風は、大正中期に大阪茶臼山に建築された住友家本邸のため、大正4年頃から2年をかけて制作されたものです。本紙だけでもすべて縦180㎝・幅720㎝をこえるサイズは、書院大座敷にあわせてかなり大振りです。琳派が流行した大正期、これらの屏風は制作中から「光琳風」との評判もたち、古典をこよなく愛した15代住友吉左衞門(春翠)の審美眼にかなうものでした。
     確かに、装飾性に富んだ型の反復美は琳派好みの典型を示してはいます。しかし、よく観ると油彩画も研究した絵具の扱いや、写生を生かし景物を大胆に切り取った狩野派的画面構成など、櫻谷の斬新で意欲的な取り組みが盛り込まれていることに気付きます。そして、一輪一輪描き分けられ、光を求めまた風雪にゆらぐ花々は、伸びやかでよどみない櫻谷の運筆によっていっそう輝きを増しているのです。

    2. 先人「写生派」絵師たちと櫻谷
     江戸時代中期(18世紀)、多様な画派が活動していた京都において、円山応挙(1733~1795)は、中国画や西洋画の技法を取り入れつつ、自然や事物を生き生きとありのままに描く「生写し」(写生)という方法を編み出しました。実際に目の前の物を見ながら描くという「写生」は、当時において非常に斬新で、人々の目を奪うものでした。
     その後、応挙が編み出した写生は門下の「円山派」絵師たちによって継承され、また応挙の画風に学んだ呉春を祖とする「四条派」も派生。円山四条派の写生画風は京阪画壇を席捲して、近代にも大きな影響を与え、明治10年に京都に生まれた櫻谷も、応挙以来の写生表現に学びながら自らの画風を確立していきました。
     ここでは円山四条派の写生に基づく親和的表現に特色がある動物画に焦点をあて、先人画家たちによる動物表現と比較しながら櫻谷の動物画をライトアップします。

    3.櫻谷の動物たち、どこかヒューマンな。
     外界の風景や事物を見たままの実感(リアリティー)と鮮やかな色彩感への欲求。これこそ、明治30年代以降の日本画に切実に求められていたものでした。櫻谷が京都画壇の中で次第に頭角をあらわすことになるのはまさにそうした時代でした。当時20歳代の櫻谷はその欲求に応えるかのように円山四条派の写生を基礎にした表現から、さらに突っ込んだ西洋画式の写実を様々に試みています。
     そのために櫻谷は、「技巧派」とか、「最後の四条派」などと称されましたが、櫻谷の真骨頂は、それに収まらない斬新なものでした。古典画題に現代性を与え、時に人間的な感情をも動物たちに溶かし込んでいます。絵の中の動物たちは櫻谷の筆を通して息を吹き返し、生き生きとした豊かな表情が観る者の心に沁みます。ここでは、動物表現に託した櫻谷のヒューマニズムが生んだ作品をご紹介します。

    主催・協賛・後援

    主催:公益財団法人泉屋博古館、毎日新聞社

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。