感覚の観測 《I/O ─ ある作曲家の部屋》 の場合

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151015日 -  20151025
開催時間
14時00分 - 20時00分
土曜は12:00-20:00 / 日曜は12:00-18:00 / 最終入場は閉館の30分前まで
休み
10月20日(火)
入場料
無料
10月24日、25日のトークイベントのみ1ドリンク制)
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
03-3476-1010 info@waitingroom.jp(waitingroom)
情報提供者/投稿者
開催場所
Asahi Art Square
住所
〒130-0001 東京都
墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 4階
最寄り駅
浅草
電話番号
-

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

毛利悠子のインスタレーション作品には、〈展示環境に寄り添いながら設置する〉という特徴があります。作家自身はそれを「生態系」という言葉で説明します。実際、機械じかけのオブジェたちは、それぞれの展示条件を受け入れることで独自の生態系を育み、それぞれの展覧会場でまったく違った相貌を見せてきました。

このたびアサヒ・アートスクエアで行なうプロジェクトは、この美術家の空間把握を実測し、数値化する試みです。「ヨコハマトリエンナーレ2014」にて展示された作品《I/O ─ ある作曲家の部屋》を例に、作品を再展示するために必要なインストラクションの制作プロセスと、作品の設置、空間の測定をすべて一般公開いたします。また、プロジェクト期間中に展示壁の構成や照明など空間の諸条件を変更することで、展示環境の変化にともない作家がいかにインスタレーションを変化させていくか、そのプロセスをも測ります。

なぜ、ある 作品(モノ)は、あそこではなくここに置かれるべきなのか──美術家が展示空間をどのように捉え、作品化しているかを、具体的に測定・記録する公開プロジェクトです。

関連情報

■オープニングレセプション:10月17日(土)18:00~

■トーク1:10月24日(土)18:00~
 千葉正也(美術家) x 藪前知子(東京都現代美術館学芸員) x 毛利悠子 司会=芦川朋子(waitingroom)

■トーク2:10月25日(日)16:00~
 金氏徹平(美術家) x 木村絵理子(横浜美術館主任学芸員) x 毛利悠子 司会=芦川朋子(waitingroom)

主催・協賛・後援

主催:ドキュメンタリー・イン・プログレス実行委員会
協賛:アサヒビール株式会社
会場協力:アサヒ・アートスクエア
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、公益財団法人現代芸術振興財団

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。