サントリー美術館コレクション展 名品ときたま迷品

鞠・鞠挟 一組 江戸時代 18~19世紀 サントリー美術館【通期展示】

鞠・鞠挟 一組 江戸時代 18~19世紀 サントリー美術館【通期展示】

openstatus
あと23日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240417日 -  20240616
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    ※金曜および4月27日(土)、28日(日)、5月2日(木)~5日(日・祝)、6月15日(土)は20時まで開館
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで
    休み
    火曜日
    6月11日は18時まで開館
    入場料
    有料
    一般1500円(1300円)、大学・高校生1000円(800円)、中学生以下無料
    ※( )内は前売り料金 ※前売券の販売は2024年1月31日(水)から4月16日(火)まで ※20名様以上の団体は100円割引
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    サントリー美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    サントリー美術館
    住所
    〒107-8643 東京都
    港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
    最寄り駅
    六本木
    電話番号
    03-3479-8600

    詳細

    展覧会内容

    「メイヒン」と聞いてまず思い浮かべるのは、国宝や重要文化財に指定され、その芸術的な価値の高さを誰もが認めるような「名品」ではないでしょうか。しかし「メイヒン」とは、それだけにとどまりません。これまでほとんど注目されず、展覧会にもあまり出品されてこなかった、知られざる「迷品」の世界もまた、同時に広がっているのです。そしてたとえ「迷品」とされるようなものであっても、少し視点を変えるだけで、強く心を惹かれる可能性を秘めているかもしれません。そうした時、「名品」と「迷品」を分ける明確な基準はないといえるでしょう。
    そこで本展では、サントリー美術館コレクションの「メイヒン」たちを一堂に会し、さまざまな角度から多彩な魅力をご紹介します。作品にまつわる逸話や意外な一面を知れば、「迷品」が「名品」になることも、「名品」が「迷品」になることも——目の前にある作品がどちらであるのか、それを決めるのは「あなた次第」。自分だけの「メイヒン」をぜひ探してみてください。

    本展の見どころ

    知られざる秘蔵コレクションを多数出品
    1961年の開館以来、「生活の中の美」を基本理念として収集活動を行ってきたサントリー美術館コレクションのなかから、これまであまり展示の機会のなかった作品を多数ご紹介します。

    国宝・重要文化財も大集合
    国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」や重要文化財「泰西王侯騎馬図屛風」をはじめとする、サントリー美術館が所蔵する計16件の国宝・重要文化財指定作品(国宝1件、重要文化財15件)を可能な限り出品する予定です。一つの展覧会でこれらを通覧できる貴重な機会となります。
    ※作品の状態、その他やむをえない事情により、展示されない場合があります。

    「メイヒン」探しをお楽しみいただく展覧会
    通常の作品解説に加えて学芸員によるマニアックな情報もご用意し、作品にまつわる逸話や意外な一面をお伝えします。一見しただけではわからない隠れた情報を知れば、作品に対する印象が変わるかもしれません。造形や表現などにとどまらない視点で作品を捉え直す、自分だけの「メイヒン」探しをお手伝いします。

    主催・協賛・後援

    主催:サントリー美術館、朝日新聞社
    協賛:三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。