守野 航 写真展『TOKYO HIGH WAY THEATER』

守野 航 写真展『TOKYO HIGH WAY THEATER』フライヤー
  • THT 東雲Jct02
  • THT C2小菅出口
  • THT4号笹塚バイクショップ
  • THT 両国Jct
タグ
  • 印刷する
会 期
20130514日 -  20130526
開催時間
12時00分 - 19時00分
最終日16:00まで
休み
休廊:月曜
クリエイター在廊

守野 航:5月14,19,26日のみ在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
komokomo1976@yahoo.co.jp
080-6513-5081
担当:森野
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
NADAR/TOKYO
住所
〒150-0002 東京都
渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4F
最寄り駅
電話番号
03-5468-3618

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

『首都高速をとおして東京の現代・過去・未来を捉える』
概要 
縦横無尽に張り巡らされたコンクリートの蜘蛛の巣のような首都高速道路。環状線での合流では、疾風のような勢いで吹きすさぶ車の流れに突入しなければならず、まるで子供の頃に遊んだ長縄飛びを思い起こさせる。と思いきや、
牛歩戦術かと思えるように動かなかったりと…そんなこんなで両国ジャンクションを越え6号向島線を北上中、横目に見える隅田川が、私には沈黙を余儀なくされているように思えたわけです。江戸の人々は市中を流れる大川を身体の一部として人の生の流れのごとく感じ、日々の暮らしを川に委ね、ゆったりとおおらかに過ごしていたのではないかと… しかし、現代の隅田川は人々の暮らしから忘れさられ、なんだか申し訳なけなさそうにひっそりと存在しているように思えてならない。ともかく私はそう感じたわけです。もしかしたら、私が感じたものは現代の東京、いや日本という国を象徴しているのではないかと思ったのです。乱立する高層ビル、伝統や歴史をあえて削除してしまったような建物の群れ。経済性と合理主義の名のもとにその場しのぎので継ぎ接ぎした街並。このような明確な理念の無さから、身体に染み込んでくるむず痒さ、居心地の悪さ。そんなふうに考えた時、首都高速を通して東京を撮影すると日本が見えてくるのではないかと…そして、そんな中にも偶然的に生み出される美しさというものがあるのではないか。そんな思いから撮影した銀塩モノクローム写真四切30枚程の展示となります。会場にて時代の感受性と変革の必要性を叫ぶ首都東京の声に耳を傾けて頂けたら幸いです。皆様のご来場お待ちしております!

関連情報

会場にてポストカードと写真集も販売しております。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。