没後100年 富岡鉄斎

没後100年 富岡鉄斎 メインビジュアル
openstatus
あと2日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240402日 -  20240526
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    金曜日は20時00分まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    (ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)
    入場料
    有料
    一般:1,200円(1,000円)、大学生:500円(400円)
    ※( )内は前売と20名以上の団体および夜間割引(金曜午後6時以降) ※高校生以下・18歳未満は無料*。 ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。 ※母子・父子家庭の世帯員の方は無料。入館の際に証明できるものをご提示ください。 ※本料金でコレクション展もご覧いただけます。 ※前売券は3月1日(金)~4月1日(金)までの限定販売 ※オンラインチケットは当館HPよりお買い求めいただけます
    *入館の際に証明できるものをご提示ください。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    075-761-4111
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    京都国立近代美術館
    住所
    〒606-8344 京都府
    京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
    最寄り駅
    東山
    電話番号
    075-761-4111(代表)

    詳細

    展覧会内容

     2024年4月2日(火)~5月26日(日)の期間、京都国立近代美術館にて「没後100年 富岡鉄斎」を開催いたします。
     世に「最後の文人画家」と称えられる富岡鉄斎(1836-1924)。幕末、京都の商家に生まれた彼は、近世都市の商人道徳を説いた石門心学を中心に、儒学・陽明学、国学・神道、仏教等の諸学を広く学びながら同時に、南宗画、やまと絵等をはじめ多様な流派の絵画も独学し、深い学識に裏付けられた豊かな画業を展開しました。良い絵を描くためには「万巻の書を読み、万里の路を行く」ことが必要であるという先人の教えを徹底して守ろうとした彼は、何を描くにもまずは対象の研究に努め、北海道から鹿児島まで全国を旅して各地の勝景を探りました。そうして胸中に思い描かれた理想の山水を表出し、人間の理想を説いた鉄斎の絵画は、画壇の巨匠たちから敬われ、京・大阪の町の人々に広く親しまれただけではなく、むしろ新世代の青年画家たちからもその表現の自由闊達で大胆な新しさで注目され、生前から今日まで国内外で高く評価されてきました。
     幕末に人格を形成して明治初期には神官として古跡の調査と復興に尽力し、やがて官を辞して市井の画家として生き、1924(大正13)年の大晦日に数え年89で亡くなった鉄斎は、2024(令和6)年末で没後100年を迎えることになります。このたびの展覧会では、この記念のときに向け、彼の画業と生涯をあらためて回顧します。名作として繰り返し取り上げられてきた作品はもちろんのこと、名作として知られながらも名作展では目にする機会の乏しかった作品や、近年になって再発見され、あるいは新たに見出された作品などもご覧いただきます。また、京都御所の近所の、室町通一条下ルに邸宅を構えていた彼の書斎(画室)を彩っていた文房具や筆録(旅行記や研究用メモ)等も取り上げ、都市に生きた彼の日常も、垣間見ていただこうと考えています。
     文人画というと、何か難しい世界のように思われがちですが、鉄斎の生きた時代にはむしろ縁起物として都市の商人たちの間で親しまれていたともいわれます。京都では27年振りの開催となる展覧会が、鉄斎に親しんでいただく機会ともなれば幸いです。

    ※会期中に一部展示替えがあります
    第一期4月2日~4月14日/第二期4月16日~4月29日
    第三期5月1日~5月12日/第四期5月14日~5月26日

    [見どころ]
    1代表作を多数展示。
    六曲屏風一双の大作《富士山図》、《妙義山図・瀞八丁図》、《富士遠望図・寒霞渓図》、《阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図》(重要文化財)や、掛軸の《三津浜漁市図》、《菟道製茶図・粟田陶窯図》双福、《嫦娥奔月図》、《碧桃寿鳥図》、《瀛洲仙境図・西王母図・福禄寿図》三幅対など、鉄斎の画業を語るうえで欠かすことのできない作品を多数展示。

    2これまであまり取り上げられてこなかった作品も紹介。
    一般に公開されたことのない《土神建土安神社図・椎根津彦像・平瓫図》三幅対や、画集のモノクロ写真で知られるのみだった初期の屏風《山水図》、50年振りの公開となる《渉歴余韻冊》など、従来の鉄斎展では見ることのできなかった作品も紹介。

    3鉄斎の日常空間を彩った貴重な品々も紹介。
    絵画制作と読書に日々励んでいた鉄斎の画室に置かれていた硯や墨、筆、絵具、絵具皿、机など、遺愛の品々も多数展示します。松花堂昭乗の墨や、池大雅の筆、青木木米が制作した硯など貴重なものも多く、襖に用いられていたのは岡田(冷泉)為恭の絵。旧蔵の書籍の中には、池大雅の旧蔵本や小田海僊の旧蔵書画も含まれます。また、鉄斎といえば印章に特別な愛着を持っていたことで知られますが、その「印癖」のほどを伝える膨大な印章コレクションの中から、彼の印譜《鉄老斎印景》に載るものを中心に120顆を公開。

    4書の名作にも注目。
    鉄斎は生前、書家としても親しまれていました。今回の展覧会では、二曲屏風一双の大作《雪・月・花・茶詩書》のほか、親しくしていた画家の今尾景年のため揮毫した《養素斎書》、陶芸家の四代清水六兵衛に捧げた《四代清水六兵衞宛弔辞》など、書の名作も紹介。

    5京都会場のみ公開の作品も多数。
    本展は、京都国立近代美術館のあと富山県水墨美術館、碧南市藤井達吉現代美術館へ巡回しますが、鉄斎作品の所蔵者が京都周辺に集中していることもあり、京都会場でしか公開されない作品も多数。《妙義山図・瀞八丁図》、《阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図》(重要文化財)、《雪・月・花・茶詩書》、《蜃楼海市図》などは京都会場のみの展示となります。

    関連イベント

    講演会「富岡鉄斎の旅と日常」
    日時:4月13日(土)14時~15時30分
    講師:梶岡秀一(当館主任研究員・本展担当者)
    会場:京都国立近代美術館1F講堂
    定員:先着80名(当日11時より1階受付にて整理券を配布します。整理券はひとり1枚のみお渡しします)
    参加費:無料

    主催・協賛・後援

    主催:京都国立近代美術館、清荒神清澄寺 鉄斎美術館、毎日新聞社、京都新聞
    協賛:ライブアートブックス

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。