河野裕麻個展「ぼくのこころが君になる」

  • 印刷する
  • 特典あり
  • add calendar
会 期
20191012日 -  20191027
開催時間
12時00分 - 19時00分
入場は18:30まで
休み
休廊:月・火・水・木・金曜日
クリエイター在廊
入場料
有料
鑑賞料:500円
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
販売有
子連れ
可 (小学生未満のお子様は無料で鑑賞が可能です。 必ず年齢の分かる保険証等をお持ちください。お持ちでない場合は年齢確認が出来ない為、鑑賞料が必要です。 また、作品を毀損する恐れのある行為(作品を触る、走り回ったりするなど)や、作品鑑賞の妨げとなる行為がある場合は退場頂く場合がございます。 保護者の方はくれぐれもご注意ください。)
この情報のお問合せ
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:RIVIERE(リヴィエール)
E-Mail:info.riviere@urdarkroom.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Galerie de RIVIERE
住所
〒564-0062 大阪府
吹田市垂水町3-1-17
最寄り駅
豊津駅
電話番号
000-0000-0000

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

大阪・吹田の Galerie de RIVIERE(ギャルリ・ド・リヴィエール)は、河野裕麻氏の関西巡回展【河野裕麻個展「ぼくのこころが君になる」】を、2019年10月12日(土)から2019年10月27日(日)まで開催いたします。

【Galerie de RIVIERE コメンタリー】
昨年、クロダミサト氏の個展を開催した際に、来廊してくださった河野氏に声を掛けさせていただき、今回の個展開催が決定しました。

今展示は、今年 3 月に東京の Gallery TOWED 様で開催された個展「LONG LOVE LETTER全てそこにあったものたち-」の関西巡回展です。東京での展示作品に加え、新作のドローイングを追加して開催頂きます。

今作品は数多くの画材を使い、観るたびに発見のある作品たちです。
画材を多く使った作品を制作するきっかけは、幼い頃の 1 枚の絵に様々な画材を使っていたときの異素材のぎこちなさと、それを超える位の夢中な気持ちがダイレクトに伝わる良さを今の作風に取り組んでみたのがきっかけだと河野氏は言います。

幼い頃、私は誰かに評価されることを今ほど気にしていなかったように思います。
「気にしすぎるのは良くない」と思っていても、気にしないで生きていくことは世の中が許さないでしょう。
幼い頃の何ものにも縛られることのない感覚を取り戻すことは、今の私にとってはとても難しいことです。

「幼い頃」の自身と共に河野氏が作り上げた今作品たちは、「誰かに評価されることのなかった頃」の自身と河野氏が作り上げた作品でもあると感じました。

それほどまでに、河野氏が自身と向き合い作り上げた作品たちを是非ご高覧下さい。

河野氏の関西巡回展を開催出来ることを光栄に思うと共に、これからも河野氏の作家活動を支援して参ります。

Galerie de RIVIERE は招待展示を通じて、ギャラリーとして様々な表現活動を行う作家の支援を行って参ります。

【河野裕麻氏 ステートメント】
今年 3 月に開催された個展「LONG LOVE LETTER -全てそこにあったものたち- 」の巡回展となる「ぼくのこころが君になる」を開催いたします。

------------------------------

人でも物でも、形あるものはいつか消えてなくなるね。
それでも私たちの記憶や想いが失われることはない。
目には映らない全部を抱えてあたらしい景色を見に行こう。
失われたものはないし、これからもきっと失うことはない。

------------------------------

今回の展示をどのように解釈していただくかはみなさんの自由です。

私としては、今の、他人と自分とを比較せざるを得ない時代の中で自分が一体何を持っていて、何を持っていないのか。
目に見えるものだけで判断し、自分で自分を貶めることがないように、そのような願いを込めています。
みなさんが誰かの作った価値基準に惑わされ苦しむことのないよう願っています。ありがとうございます。

特典

主催・協賛・後援

主催:RIVIERE(リヴィエール)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。