像を耕す パブリッシング・スタジオ

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190830日 -  20190915
開催時間
11時00分 - 19時00分
金曜日のみ20:00まで
休み
月曜日
この情報のお問合せ
【イベントなどお問い合わせ】
 Mail : cultivated.imagery@gmail.com
 Tel : 050 3569 3490
 担当(櫻井)

【SNS】
 Twitter : @c_imagery
 Facebook : @cultivated.imagery
 Instagram : @cultivated.imagery
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
〒604-8115 京都市中京区雁金町 373 みよいビル 202
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2019年8月30日(金)から9月15日(日)まで、「像を耕す」を開催いたします。

 写真家・麥生田兵吾(むぎゅうだ・ひょうご/1976年・大阪生まれ)は主題として「 Artificial S 」掲げます。この大文字の「 S 」は “Sense=感覚(感性)” ”Subject=主体” あるいは ”Es=無意識” などの複数の意を持ち、「 Artificial S 」とは「 人間の手によりつくられた、人間が獲得し得る ”それら S” 」として位置付けられています。また麥生田はこの「S」の探求・実験・鍛錬として、撮影した写真をその日のうちにウェブサイト「pile of photographys」(http://hyogom.com)にアップする行為を、2010年1月より現在まで9年以上に渡って、毎日途切れることなく続けています。

 麥生田は「 Artificial S 」を1~5章に分類しており、PARCでは2014年の「 Artificial S 2 / Daemon 」以降、2018年の「 Artificial S 5 / 心臓よりゆく矢は月のほうへ 」まで、各章ごとの展覧会を5年連続で開催してきました。その展示は特徴的なギャラリー空間に写真のみではなく映像やインスタレーションを交え、鑑賞者という身体へ向けて表現を起動させることを主眼に取り組まれてきました。空間を支持体に鑑賞者を巻き込み、その眼差しの先、あるいは眼差しの出発点を問う体験としての「 Artificial S 」はかくして全章を一巡し、昨年にひとつの結節点を迎えました。

 現在、麥生田は「本」という空間に「 Artificial S 」を展開することで、「現在」だけではなく「これから」に向けて「そのイメージとは何か」の問いを発することに取り組んでいます。展示において「イメージ」は、写真を主とした目に見える「像」を指すだけではなく、空間や身体、音や言葉といった「体験」をもって鑑賞者の内に発生する「(想)像」にも及ぶものでした。では、それらが本(写真集)となればどうでしょう。鑑賞者にとって「イメージ」は容易に紙の上の「像」を指し、与えられた像を目で見て追いかけ、想像はそこに「すでにある像」の解析(解釈)へと振り向けられることになります。

「像を耕す」は、麥生田にとってこの違いを確認するとともに、ここから何が始められるのかについての手がかりを求める機会であり、制作・展示・思索・議論の場と機能を会場内に構築します。また、編集者・櫻井拓(さくらい・ひろし)とデザイナー・大西正一(おおにし・まさかず)との本づくりに向けたチームとして、この場・機会を共有しながら、互いの眼差しの差異や新たな可能性を模索する機会ともなります。

 「本をつくる」ことを「動機と目的」に、「パブリッシング・スタジオ」としてその「過程」を公開する本機会では、2階展示室は撮影・制作スタジオになるとともに、「 Artificial S 」のそれぞれの章のエッセンスを持った作品が点在します。4階展示室は編集や制作のスタジオとして麥生田・櫻井・大西の制作の場として、また多くの対話者を招いたトークやレクチャーなどの会場として機能します。そして、最終日にはこうした試行錯誤や検証の過程を経て、これから「つくる本」のプランがプレゼンテーションされます。

 深く掘る、高く盛る、岩盤に当たる、埋め戻す、途方に暮れる、種を蒔く、何もしない。彼ら(と私たち)は「像」を耕すことで、どのような「実り」を手にするのでしょうか。
 会期中、なんども足をお運びいただき、一緒に考えていただければ幸いです。

関連イベント

オープニング・レセプション
 2019年8月30日(金) 19:00〜21:00
 入場無料、予約不要
 *会場に展示している、画像生成の装置を麥生田がリアルタイムで操作するヴィデオ・パフォーマンス。

 トークイベント:「風景」のむこうへ
 ゲスト:木岡伸夫(哲学・倫理学、関西大学教授)
 2019年9月13日(金) 19:00〜21:00
 入場料:1000円 定員:40名 要予約(ギャラリー・パルクHP内、予約フォームからのみ受付)
 *『風景の論理 沈黙から語りへ』(世界思想社、2007年)を出版されている、哲学者の木岡伸夫氏をお呼びし、風景について、哲学的観点からお話しいただきます。

 写真集出版のためのプレゼンテーション展示
 2019年9月14日(土)、15日(日) 11:00〜19:00
 入場無料、予約不要
 *会期中に培った成果を、書籍のプランへと具体化し、プレゼンテーションする展示を行ないます。

 クロージング・プレゼンテーション
 2019年9月15日(日) 16:00〜18:00
 入場無料、予約不要
 *写真家の麥生田と編集者の櫻井が、デザイナーの大西を聞き手に、書籍のプランをプレゼンします。来場者のかたにも自由にご質問、ご発言いただけます。

 *そのほか、アーティストや編集者など、さまざまなゲストを招いたカジュアルなトークを多数開催予定。SNSなどで随時告知します。

主催・協賛・後援

【主  催】
 像を耕す

【協  力】
 Gallery PARC(グランマーブル ギャラリー・パルク)

【助  成】
 アーツサポート関西
 

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。