野田凪展

  • 印刷する
会 期
20111018日 -  20111118
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
日曜・祝日休館
この情報のお問合せ
株式会社リクルート リクルートクリエイティブセンター 03-6835-2263
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
クリエイションギャラリーG8
住所
〒104-8001 東京都
中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
最寄り駅
新橋
電話番号
03-6835-2260

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

アートディレクター、映像ディレクター、アーティストとして、日本の広告・グラフィックデザインにとどまらず、ファッション、アート、そして海外へと活動の場を広げていた野田凪氏。2008年の突然の訃報から早くも3年が経ちました。
かわいらしさと毒を持つ不思議な世界観、作品から伝わる圧倒的なパワー、「見たことのない世界を表現したい」という情熱を持ち、突き進む氏は、常に注目を集める存在でした。そしてその作品は、私たちに鮮烈なインパクトを残し、いまなお生き生きと存在し続けています。
本展では、LAFORET、NIKE、サントリーをはじめとする広告のポスターやCM、YUKI、宇多田ヒカルなどのCDやミュージックビデオ、パッケージ、装丁、プロダクト、ファッション、アートワーク「ハンパンダ」など、氏の手がけた代表的な仕事をまとめてご紹介いたします。
デビューから十数年間という短さを全速力で駆け抜けた野田凪氏。氏のクリエイションの数々をぜひみなさんにご覧いただきたいと思います。

■展示内容
LAFORET、NIKE、サントリーをはじめとする広告のポスターやCM、YUKI、宇多田ヒカルなどのCDやミュージックビデオ、パッケージ、装丁、プロダクト、ファッション、アートワーク「ハンパンダ」など

野田 凪だったらどうするだろう

彼女が亡くなったのは、2008年9月7日だった。
その日は日曜だった。日曜と聞いたとき、なぜか
彼女の死をとても孤独に感じ黙ったことを覚えている。
あれからもう3年がたつ。

アーチスト気質の野田 凪が、会社の仕事として
広告をやることになったとき、広告ができるかなあと、
わたしを含め、まわりの人間は疑った。
広告はアートじゃないからさあなどと、したり顔して言った。
ところが凡庸な想像力を笑うように、彼女はできた。
広告がうまかった。アートと広告を摺り合わせるという
苦労も見せず、何かを取引みたいに譲歩してという
痕跡もなく、やすやすと広告表現にすることができた。
天才たちは、困難な問題の、最大の難関どころを、
ポンと、またはパッと、という仕方で乗り越えるのだという。
長嶋茂雄も、アインシュタインも。
野田 凪もそのような秘密のやり方を使ったのだろうか。

天空の野田 凪の展覧会をやります。
大震災のあと、鏡はくるりと裏返ってしまった。
わたしたちに映っているのはなんの景色だろう。
野田 凪だったらどうしただろうと思う。
それを彼女に聞いてみるための展覧会です。

(サン・アド 安藤 隆)

関連情報

[オープニング・パーティー]
2011年10月18日(火) 7:00p.m.-8:30p.m.

[第230回クリエイティブサロン]
 2011年11月2日(水) 7:10p.m.-8:40p.m.
 安藤隆 葛西薫 副田高行 

[第231回クリエイティブサロン]
 2011年11月16日(水) 7:10p.m.-8:40p.m.
 佐野研二郎 森本千絵
 ※予約終了

※いずれも入場無料 要予約(TEL 03-6835-2260) 10/3(月)11:00a.m.より予約受付開始

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。