みえるもののむこう Beyond the Visible

一之瀬ちひろ「PARIS 2015/11/13 – TOKYO 2016」より《SNOW DOME》2016年 発色現像方式印画、紙

一之瀬ちひろ「PARIS 2015/11/13 – TOKYO 2016」より《SNOW DOME》2016年 発色現像方式印画、紙

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20190713日 -  20190908
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日(7月15日、8月12日は開館)
入場料
有料
一般600(500)円/20歳未満・学生450(350)円/65歳以上300円/高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。 ※セ ッ ト割 :「柚木沙弥郎の『鳥獣戯画』」 との同時購入で、一般および20歳未満・学生の観覧券がセットで100円引になります ※リピート割 :有料観覧券のご提示で、一般および20歳未満・学生の後日の観覧料が100円引になります(1枚につき1回限り有効)。 ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日: 8月4日、9月1日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も遠慮なくご覧ください。
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子、新逗子
電話番号
046-875-2800

詳細

展覧会内容

生の美しさを世界に探り、眼に見えるかたちにして、作品へと映しだすアートの力。眼と精神、そして身体を日々生きられる空間に置き、そこから見えるものとその向こうに感じ取ったものを表現に起こしていく清新な感性の今を、5人の現代作家の仕事を通してとらえます。
 参加アーティストは、一人ひとりが葉山の自然に囲まれた美術館の内と外を体感し、場の特性に呼応したサイトスペシフィックな新作や初公開の作品を含めてそれぞれの展示空間を構成しました。
 作家ごとの独立した空間性を保ちつつ、ゆるやかに連なる展示室に順路はありません。静かな美しさと確かさにみちた作品空間を往き来し、窓外にひろがる自然の生命力を感じながら、アートと世界の連続性について体感し、思索する夏の時間をお過ごしください。

一之瀬 ちひろ Ichinose Chihiro (1975- )
写真家の一之瀬は、スナップ写真にコラージュを施したり、余白や色光を印画紙へ焼き付けて複写を繰り返すといった独自の手法で注目を集めた「KITSILANO」シリーズの作品に、初公開を含む近作・新作を加え、プリントと映像、冊子などを複合的に構成。写真に現れたイメージを超えて、社会と日常をつつむ無意識の風景をとらえます。

酒井 幸菜 Sakai Yukina (1985- )
振付家/ダンサーの酒井は、「美術館」という場をテーマに本展の作品や鑑賞者の動きからモティーフを採集し、振付家として各作家の空間にあてたパフォーマンスを制作・上演します。会期を通して生成していく彼女の作品は、作品と人々、意味と歴史が統合されたもう一つの生を美術館にもたらすことでしょう。

白石 由子 Shiraishi Yuko (1956- )
絵画をはじめとして音楽や建築のプロジェクト、キュレーション活動なども展開し、女性による抽象絵画を再考する近年の国際的動向のなかで高い評価を受ける白 石は、日本の美術館では初となる個展形式の空間で、油彩と版画、立体インスタレーションに加え音盤(レコード)作品を展示します。

津上 みゆき Tsugami Miyuki (1973- )
国内外で意欲的な新作展示が続く津上みゆき。季節の移り変わりにあわせて数度にわたり葉山を訪れ、この土地の光と空気、音や自身の感覚をとらえたスケッチブックから、鮮明かつ抑制された色彩と空隙が画面をみたす抽象的な絵画を制作し、葉山に新しい風景を拓きました。

三嶽 伊紗 Mitake Isa (1956- )
近年、冬の自然を撮影した静謐な動画を重ねて、具象と抽象のはざまに成立する映像作品を手がける三嶽は、そこで追求される表面性の問題を、朦朧とした色面や光を立体化したインスタレーションでも展開しています。今回、展示室2と3の間に位置するレストコーナーが、開館以来初めて作品として空間化されることにも期待が高まります。

関連イベント

■アーティストトーク
 場所:展示室
 作家と日時:
  白石 由子 7月15日(月・祝) 午後1時から2時まで
  ゲスト:川村格夫(本展出品作《SPECIMEN》制作のユニット「36」のメンバー)《SPECIMEN》音盤(レコード)の会場上演を行います。

  津上 みゆき 7月28日(日) 午後1時から2時まで

  酒井 幸菜 7月28日(日) 午後3時15分から4時15分まで
  午後3時からのパフォーマンスに続いて行います。

  一之瀬 ちひろ 8月10日(土) 午後1時から2時まで
  ゲスト:尾中俊介[Calamari Inc.](本展グラフィックデザイナー)

  三嶽 伊紗 8月24日(土) 午後1時から2時まで

■館長トーク 「みえるもののむこう」
 日時:9月1日(日) 午後1時から2時まで
 場所:展示室2・3

■担当学芸員によるギャラリートーク
 日時:7月27日(土)、8月8日(木)、8月27日(火) 各日午後2時30分から3時まで
 場所:展示室2・3

■近代美術館入門講座 「みえるもののむこうとこちら」 共催:葉山町
 講師:三本松倫代(当館主任学芸員)
 日時:7月27日(土) 午前10時から11時まで
 場所:葉山町福祉文化会館 大会議室

主催・協賛・後援

主催:神奈川県立近代美術館

関連情報

[同時開催] 柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」
染色家・柚木沙弥郎(1922- )の当館のコレクションを中心に、新作「鳥獣戯画」をはじめ近年の型染布や絵本原画などを展示。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。