「西澤 利高展」東京ガーデンテラス紀尾井町

  • 印刷する
会 期
20171005日 -  20171130
開催時間
12時00分 - 20時00分
スタッフ在廊時間12:00〜17;00
休み
なし
クリエイター在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
03-6802-8122
gallery_iriya@kkh.biglobe.ne.jp
園浦
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
東京ガーデンテラス紀尾井町
住所
〒102-0094 東京都
千代田区紀尾井町1-3
最寄り駅
永田町
電話番号
03-6802-8122

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度、いりや画廊は東京ガーデンテラス紀尾井町に於いて、総合企画をさせていただく運びとなりました。また、不定期ではございますが、今後も継続的に西武プロパティーズ様主催による展覧会をこちらで企画させていただきます。皆様におかれましては、いりや画廊同様、こちらへも是非お立ち寄り頂ければ幸いです。
                          いりや画廊代表 中村茂幸

西澤利高氏は、物事の主題とその文脈を認識する事は、それを取り巻く空間を意識することであると考える。そして、その空間の意味を探る為に氏は「空間の裏側」を彫刻する。
空間は私たち自身に常に隣接し、あらゆる場所に存在している。しかし空間の裏側は曖昧で具体性がない。それ故に、対峙する二つの要素「表と裏」を一元化する事で、その事柄の意味を探る。

空間なんてどこにでもある。空間は自分の身体に隣接して存在しているのに、その裏側というのは何れの仕業でしか感じる事が出来ない。そこには何らかの方法でしかアクセスできないから決して近くはない。すぐそばにあるのに。ある時、仕事場で、ふとザ・バンドのアイ・シャル・ビー・リリースト(原曲ボブ・ディラン)がラジオから流れてきた。何故か「every distance is not near」 というフレーズが耳に残る。 英語が苦手な私は仕方なく単純に「すべての距離は近くない」と直訳したものの、とりあえずこの意味について自分勝手に想像してみる。
「すべての距離は近くない」のすべての距離に「空間の裏側」をあてはめるとほんの少しだけさっぱりする。「すべての距離(空間の裏側)は近くない」    - 西澤 利高 -

この遠い存在である「空間の裏側」を西澤は素材を捻ることによって表裏を反転させ、それを取り囲む空間を入れ替える作業を続けている。
この行為で空間の「裏と表」にある境界を曖昧にし、それぞれの事柄が意味する裏側を再び考えることにつながる。彫刻家 西澤利高の探求には終わりがないのかもしれない。

西澤 利高

1965 岐阜県生まれ
1992 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻修了
個展・グループ展・シンポジウム多数
作品設置
2007 NOBU TOKYO / 東京
2008 THE HARBOUR VIEW PLACE (Luxury Service Apartment) / Kowloon / Hong Kong
2008 BRILLIA 駒込染井/ 東京
2009 BEACON TOWER RESIDENCE / 東京
2009 VENASIS KANAMACHI TOWER RESIDENCE / 東京
2010 The ST. REGIS OSAKA / 大阪
2011 ALBION Co. Ltd / 東京
2011 FOUR SEASONS HOTEL ST.PETERSBURG / サンクトペテルブルグ / ロシア
2012 FOUR SEASONS HOTEL SHANGHAI PUDONG / 上海 / 中国
2012 MANDARIN ORIENTAL HOTEL SHANGHAI / 上海 / 中国
2013 堂島レジデンスマークタワー / 大阪
2013 プラウドシティ浦和 / 埼玉
2014 ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 / 東京 / 2016
2016 京王プラザホテル東京 / 東京
2016 WORLD ART DELFT / Delft / The Netherlands
2017 WORLD ART DELFT / Delft / The Netherlands

主催・協賛・後援

主催:株式会社 西武プロバティーズ
総合企画: いりや画廊

特記事項

会場: 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー2階オフィスエントランス

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。