「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」

ジュゼッペ・アルチンボルド 《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》1591年、油彩・板、 スコークロステル城、スウェーデンSkoklosterCastle, Sweden
あと35日後に終了
    • 印刷する
    会 期
    20171103日 -  20171224
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    入場は17時00分まで
    休み
    この情報のお問合せ
    福岡市博物館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    福岡市博物館
    住所
    〒814-0001 福岡県
    福岡市早良区百道浜3丁目1-1
    最寄り駅
    西新
    電話番号
    092-845-5011

    詳細

    展覧会内容

    稀代のコレクター 神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世が見つめた、美しく妖しい世界

     プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。
     16世紀末から17世紀初頭、彼の宮廷には世界各地から優れた人物たちが集結し、芸術作品、あるいは科学機器などのあらゆる優れた創作物、更には新たに発見された珍奇な自然物などが集められ、文字通り「驚異の部屋」とでも呼ぶべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術文化の一大拠点ともなりました。

     本展ではルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、絵画、版画、工芸品等が集結します。出展作品の中でも、謎の肖像画として世界中の注目を集め続けている、アルチンボルド作《ウェルトウムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》は、九州初公開となる傑作です。

     多彩な展示品を揃え、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的ともいわれる魅力に満ちた芸術と科学の世界へ誘います。

    ルドルフ2世とは
    こんな皇帝見たことない!
    プラハを魅惑の文芸都市とした張本人!

     神聖ローマ帝国皇帝であり、ハプスブルク家当主であったルドルフ2世(1552-1612)は、祖父のフェルディナント1世や伯父の大公フェルディナント(1529-95)に並ぶ、ハプスブルク家稀代のコレクターです。

     1583年に帝都をウィーンからプラハに移し、独自の芸術文化をその宮廷に花開かせました。特に、美術の大家の作品の入手に努め、自然物も広範囲に蒐集。自身の嗜好の強い最高水準の美術コレクションと、珍奇な品々で構成された驚異の部屋とでも呼ぶべきコレクションをつくり上げたことで知られています。
     そのコレクションは、ヨーロッパの人々でも不可解という、魅惑的で魔術的ともいえる世界観を形成しています。

    美しきもの、奇妙なもの、怪奇じみたもの…
    異色の皇帝がたどり着いた芸術と科学の世界

     世界中から優れた才能が集まり、知力、想像力、技術を尽くして、創造されたルドルフ2世のコレクションは、絵画、工芸品から、科学機器等の発明品、珍奇な自然物までと幅広く、魑魅魍魎とした世界を形成していました。本展では、ルドルフ2世の独自の審美眼と当時のプラハを象徴する作品120点あまりが勢揃いします。
     「驚異の部屋」を体現する映像作品もお楽しみください。

    [みどころ]
    九州初上陸!
    皇帝に寵愛された画家アルチンボルドが描く、異色の肖像画!

     植物や動物など事物を組み合わせて人物像を作り上げた、ダブル・イメージの名手、ジュゼッペ・アルチンボルド(1527-1593)。
     本展では、怪しく謎めいた皇帝像を、四季を掌握する力を持つ神として描き出した異色の肖像画を特別公開。

    動物、植物、昆虫のオンパレード ー繊細な自然観察からうまれた傑作名画の数々
     ルドルフ2世のもとには、新たに発見された博物のみならず、新たに発明された科学機器、創造された芸術作品が収集されました。動物、植物、鉱物などの自然物も、皇帝コレクションの一部を構成しました。

    絵画だけじゃない!工芸品、発明品の数々
     同時代のあらゆる蒐集家を凌駕し、自身のコレクションに国力が強化された姿を見ようとしたルドルフ2世。
     そのコレクションには、当時、最先端であった天文学や科学の知識、高い工芸技術力が結晶化した文物が揃っていました。
     本展では同時代の美術工芸品をご紹介します。

    関連情報

    ■講演会
    □「ルフドルフ2世の宮廷で花開いた芸術」(仮題)
     本展ヨーロッパ側監修者、アラン・タピエ氏が特別来日!

     出演:アラン・タピエ(元リ一ル美術館館長)*通訳付
     日時:11月3日(金・祝) 午後1時~午後2時30分
     会場:福岡市博物館1階講堂
     参加費:無料 ※ただし本展の観覧券もしくは半券が必要
     定員:240名(要事前申込・応募多数の場合は抽選)
     申込締切:10月11日(水)

    □「片桐仁による独善的博物館の楽しみ方・アートの魔力」
     コメディアンであり、不条理粘土アーティストとして活躍中の片桐仁氏が「アートの魔力」と博物館の楽しみ方を語り尽くします。

     出演:片桐仁(コメディアン、俳優、彫刻家)
     日時:11月22日(水) 午後4時30分~午後5時30分
     会場:福岡市博物館1階講堂
     参加費:無料
     ※ただし本展の観覧券もしくは半券が必要
     定員:240名(要事前申込応募多数の場合は抽選)
     申込締切:10月30日(月)

    ■パフォーマンス
     フラワーライブパフォーマンス「伝巧節花」驚異の世界スペシャルver. 植物の生命を多方面から観察しアートの世界と結びつける -
     福岡市の花屋集団「伝巧節花」が贈る一期一会の舞台。

     出演:伝巧節花/猪俣悟、大内田美紀(DOUBLE CROWN)、村上康平(October Crutch Flowers)、勝野剛(THE MANGROVE)、松下大志(GARGOYLE)
     日時:12月3日(日)午後2時~午後3時
     会場:福岡市博物館1F講堂
     参加費:無料※ただし本展の観覧券もしくは半券が必要
     定員:240名(要事前申込・応募多数の場合は抽選)
     申込締切:11月15日(水)

    ■音楽会
     弦楽アンサンブルコンサート「ウィーン・プラハの調べ」

     モーツァルト作曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」をはじめとした名曲の数々を弦楽の調べでお届けします。

     出演:ヴァイオリン‥・齋藤羽奈子(九州交響楽団)、葉石真衣(九州交響楽団) ヴィオラ‥・細川泉 チェロ‥・石原まり(九州交響楽団)
     日時:11月18日(土)午前11時~午前11時30分 午後1時~午後1時30分
     会場:福岡市博物館1Fグランド・ホール
     観賞料:無料※申込不要

    ■ギャラリートーク
     本展担当学芸員によるギャラリートークを開催。

     日時:第2・4水曜日 14時~
     会場:福岡市博物館特別展示室
     ※お申し込みは不要です(ただし本展入場者が対象)。

    主催・協賛・後援

    主催:福岡市博物館、西日本新聞社、テレビ西日本、TVQ九州放送
    協賛:味の明太子ふくや、光村印刷
    協力:プラハ国立美術館、福岡市科学館、みぞえ住宅、フィンエアー、フィンエアーカーゴ、ヤマトロジスティクス
    後援:チェコ共和国大使館、チェココセンター、チェコ政府観光局、スウェーデン大使館、オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム、福岡EU協会、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、西日本リビング新聞社、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM、西日本鉄道、九州旅客鉄道、(一社)日本自動車連盟福岡支部、(一社)福岡市タクシー協会、(一社)日本旅行業協会、西日本新聞TNC文化サークル、西日本文化サークル連合

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。