現代浮世絵師 島崎良平展 -孔雀と女-

  • 印刷する
会 期
20130827日 -  20130901
開催時間
11時00分 - 20時00分
最終日は18:00まで
休み
会期中無休
クリエイター在廊

9/1、2は在廊いたします。
平日は作家ホームページに随時掲載いたします。
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
島崎良平
info@ryohei-s.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
The Artcomplex Center of Tokyo
住所
〒160-0015 東京都
新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター
最寄り駅
信濃町
電話番号
03-3341-3253

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

現代浮世絵とは、江戸時代の木版技術を、現代に置き換えると印刷技術であるとし、
(絵柄というよりは)手法的な意味で現代浮世絵と呼んでいます。

この個展に合わせて作った新作が画像の「孔雀と女」。
鉛筆や筆で描いた下絵を元に、
元は車の設計等に使われていた”ベジェ曲線”という手法で、
デジタル上で主な色と線を作り、顔料インクで刷りだし→金泥等で手彩、
という工程で作っています。

手描きの下絵から、デジタルに描き直す工程は
木を彫刻刀で削り版を作る作業…とまではいきませんが
それに似ていて、コピー&ペーストは一切使わないため、
ひたすら黙々とした手作業です。

この手法の最大の特徴は、
0.1mmというレベルで画面を作ることが出来るのが
手描き作品や、版画作品との違いだと感じています。

江戸時代、鬼才と呼ばれた曾我蕭白(そが しょうはく)という画家の
ユーモアに溢れ、狂ったようにダイナミックで、
狂ったように緻密な仕事に近づきたいという(途方もないですが;)
思いを据え制作に取組みました。

是非多くの方に『現代浮世絵』を 楽しんでいただきたいと思っております。
何卒、よろしくお願いいたします。

作家ホームページ http://ryohei-s.jp
FACEBOOK http://www.facebook.com/shimazakiryohei

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。