TDW-ART 「ジャラパゴス展」

  • 印刷する
会 期
20101029日 -  20101103
開催時間
11時00分 - 22時00分
休み
最終日18:00終了予定
この情報のお問合せ
MIZUMA ART GALLERY
tel: 03-3268-2500
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
TDW中央会場-明治神宮外苑絵画館前
住所
〒160-0013 東京都
新宿区霞ヶ丘町1-1
最寄り駅
信濃町
電話番号
-

詳細

展覧会内容

産業界ではガラパゴス化と呼ばれる“残念なニッポン”を象徴する現象が起きている。技術やサービスなどが日本市場で独自の進化を遂げて“世界標準”からかけ離れてしまう現象である。
技術的には世界の最先端をいきながら諸外国ではまったく普及してない日本の携帯電話。日本独特の要求にもとづいた独自の進化を遂げている間に、世界では別のニーズで世界仕様が決まり乗り遅れてしまった。しかしながら絵文字などは江戸時代の判じ文をルーツに作成された日本の独創性であり貴重な表現方法である。

一方日本の現代アートは世界的な潮流である欧米の現代アートとは異質な美をまとい90年代から登場してきた。これはこの国際化時代にもドメスティックな美意識と価値体系を一部に温存し続けてきた日本人の国民性からきている。このように独特の美学、美的センスを日本人が持ち続けた結果、このこだわりが逆に幸いして、“世界標準”(技術の世界と違って明確な基準があるわけではないが)と言うものさしでは計る事の出来ない、独自の超感度の美的世界を日本の現代アートは創造した。

漫画、アニメ、浮世絵に影響を受けたスーパーフラット的アート、縄文時代から江戸期の鎖国時代までに発酵されたバサラ美学など、フラジャイルに変態し続けるJAPAN ARTを総称して、“ジャラパゴス”(JALAPAGOS)と名づけた(JAPANとGALAPAGOSを合わせた造語)。
そのDNAは美術界のみならず、様々なジャンルに越境して影響を与えている。見立て、借景、間、傾きなど日本の独自の表現方法は現代アートからデザイン、建築、フアッションまで幅広く応用されている。
TOKYO DESIGNERS WEEK2010に初めて企画された現代アート展は日本を代表するJALAPAGOS的な作家を網羅した。

関連情報

「TDW-ART FORUM」
Part1 「アジアン・イニシアチブ-アジア現代アートの可能性」(仮)
【期 日】 10月30日(土)(予定)
【パネリスト】 ジン・ソク(Loop キュレーター)
        南條史生(森美術館 館長)
        ユージン・タン(Osageギャラリー ディレクター) 予定
【司 会】 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)
________________________________________________
Part2 「クールジャパンからクールアジアへ」(仮)
【期 日】 10月30日(土)(予定)
【パネリスト】 窪田研ニ(インディペンデント・キュレーター)
        小崎哲哉(アートジャーナリスト)
        片岡真実(森美術館 シニアキュレーター) 予定
【司 会】 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)

主催・協賛・後援

【主催】 NPO法人デザインアソシエーション
     TOKYO DESIGNERS WEEK 2010

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。