山本 優美 コロモガエ

山本 優美 コロモガエ
openstatus
あと16日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20181102日 -  20181202
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    月火水
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    Gallery OUT of PLACE
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery OUT of PLACE TOKIO
    住所
    〒101-0021 東京都
    千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda #207
    最寄り駅
    末広町
    電話番号
    03-6803-0248

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    山本優美はこの10年間、自身の思い出のこもった衣類や家族や友人が着ていた衣服を、柔らかい陶土に手作業で彫り込むことで写し変え、完全焼成したのちセラミック作品として完成させ発表して来ました。彼女の執拗なまでの観察眼と卓越した手わざは、柔らかくて軽いものをそのまま硬くて重いものに変える「逆転の一瞬」を表現することを可能にすると同時に、彼女自身が私たちが知るカメラとは全く別の、ある「写真装置」として存在していることを知らしめて来たとも言えるでしょう。

    2017年の春、山本は初めての子供を出産し、現在は子育てに忙殺されながらも、現代美術家として精力的に制作し続けています。「母」としての生活は、当然のことながら彼女の中に新しいテーマをもたらし、昨年来制作された作品にその兆しが徐々に現れているように思えます。彼女自身が新しい「山本優美」を模索する姿は、過去の殻を一旦脱ぎ、あたかも羽化しようとする蝶にも重なります。今回の個展では、作家として、そして作品としてまさに今変化しつつある「衣」を潔く公開しようとしています。この機に是非ご高覧ください。

    For the last 10 years, Masami Yamamoto has transformed memorable clothing of herself, family and friends into clay works, using the method of hand carving and exhibiting them as ceramic works after complete firing.

    Her perceptive observation and elaborate hand-technique express "the moment of reversal", when soft and light fabrics are transformed into hard and heavy works which when viewed, maintain the characteristics of the original object. Simultaneously she acts as a "photographic" device, unlike the usual camera.

    Since the birth of her first child and the impact upon her life, her style is incorporating that experience and leading to new directions which are revealing a new Masami Yamamoto.

    Please ensure that you explore the exquisite items exhibited.

    Artist statement
    衣服の皺や襞を自らの手で表現してみたいと最初に思ったのはいつだっただろうか。ポンピドゥーセンターでルイーズ・ブルジョワの大理石の襞を見たときだったか、ヨーロッパで目にした宗教画の中の衣服の夥しい皺襞との出会いだったか。柔らかく、息を吹きかけただけでその形を変えて移ろいゆく布への憧れはもっと以前からあったのかもしれない。しかし私は布を作る者にはならなかった。布は私たち人間の生命といつも共にあった。私たちに最も身近な布のひとつは間違いなく衣服だろう。

    私には焼き物との出会いもあった。土(粘土)は人間が手の中から、世界に関わる何らかのかたちを生み出そうとする時の、根源的な素材のひとつだと強く感じている。ざらざらとした土の肌やひび割れといった生々しい表情を見せる焼き物は、触覚など私たちの身体感覚を呼び覚ましてくれる実存的な媒体である。肌身に近く持ち主の記憶を宿しながら儚くうつろう布の皺襞を、脆さを抱えながらも与えられた形象を記憶し続ける陶に私の身体を通じて手作業でうつしとる行為には、日々溢れかえる情報に翻弄され、自分の存在が希薄にさえ感じられる現代において、私たちの存在の核となる微かな感覚を、手ざわりのある確かなものへ定着させたいという、私自身の無意識の欲求が潜んでいるのかもしれない。
    文:山本優美

    When was the first thought that I wanted to express clothes wrinkles and folds with my own hand?
    Was it when you saw the Louise Bourgeois marble folds at the Pompidou Center, or was it a meeting with a daunting wrinkle fold of clothes in the religious paintings you saw in Europe?
    Perpetuation for cloth, changing its shape and moving just by breathing in, may have been from a long time ago.
    But I did not become a cloth making person. The cloth was always with us our lives. One of the closest cloths to us is definitely clothes.

    I also had encounters with ceramic.
    I feel strongly that earth (clay) is one of the fundamental materials when human beings try to create some form of the world, from hands.
    Clay looks such as rough skin and cracks are potentially expressive media that will awaken our physical sensations such as tactile sensations.
    In the act of transferring manually through my body to the ceramics which continues to memorize the given figure while having fragility, while holding the memory of the owner close to the skin and holding the memory of the owner,
    In the present age where the information that overflows every day is touched by, and the existence of itself is perceived to be thin,
    It may be that my unconscious desire to hide the faint feeling that is the core of our existence into a certain texture and certainty is hidden.
    Text by Masami YAMAMOTO

    関連情報

    レセプション・パーティー:11月3日(土)18:00-19:30 
    ※入場無料 作家が在廊いたします。ぜひご参加ください。
    Reception Party : 18:00 - 19:30 on 3rd (sat.) Nov., 2018
    The artist will be present. Admission free.

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。