ご存じ一つ栁恋路の「あたいを愛してたも~れ」展 a.k.a koiji HITOTUYANAGI Solo Show 「Plase LOVE me」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180924日 -  20180929
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日18時00分まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
藍画廊
情報提供者/投稿者
開催場所
藍画廊
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-5-2 西勢ビル2F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3567-8777

詳細

展覧会内容

一つ栁さん個展に寄せる檄文

『50年の長い眠りから覚め21世紀に突如現れた超“前衛”アーティスト一つ栁恋路、発個展!68歳にして本学東京造形大学4年生。本学使用最年長学生(推測)で、しかも全専任より年長!不滅の脱会の世代が今ここに超“前衛”アーティストとして生まれ変わり美術界に逆襲だ!』

と、つい檄文を書きたくなるが、一つ栁さんは64歳にして本学に入学し、4年生の現在まで他のどの学生より文字通り一生懸命制作して来た。大学には毎朝6時には登校し一日中制作。毎回の課題ごとに驚くほどの規模と量の作品を提出して来た。今回の個展は4年間の集大成である卒業制作を前に、自作を世に問う機会としてご本人が1年以上前に会場を確保してきたもの。私はこの勢いでこれから15年突っ走てほしいと本人にも伝えてあるが、それは本心である。まずは初個展で一発ぶちかまして欲しい。
この年齢でのデビューをぜひ皆様にご高覧いただき一つ栁さんの今後へのエネルギーとさせていただきたい。
よろしくお願いします。

2018年7月 東京造形大学 絵画専攻 教授 近藤昌美

東京造形大学に通って 最初に耳にした言の葉は コンセプト その三年後に インテリジェンス。
これからは この二つの言の葉を「責任」として 僕は心に留めておかなければならないのでしょう。
個展という社会の視線 ここでも沢山の言の葉を 僕は心に留めておかなければならないと 思っています。
覚悟。

一つ栁恋路

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。