『知られざる結末、斬新な幕開け』上映会

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180803日 -  20180805
開催時間
13時00分 - 18時00分
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Gallery OUT of PLACE
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery OUT of PLACE TOKIO
住所
〒101-0021 東京都
千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda #207
最寄り駅
末広町
電話番号
03-6803-0248

詳細

展覧会内容

Gallery OUT of PLACE TOKIOは、この度夏の特別展第2弾 として、
ノーマルスクリーンとの共催による、短編映像作品の上映『知られざる結末、斬新な幕開け』を開催します。

上映時間:13:00 - 17:00 短編映像作品 7本(約1時間)のループ上映
トーク:17:00 - 18:00
毎夕上映終了後に来場者とともにノーマルスクリーン代表の秋田祥がトークを行います。
鑑賞は無料ですが、資料を500円で配布します。我々の活動をご理解の上、何卒ご支援ください。

On August 3, 4 and 5, 2018,
7 short films (duration one hour) will be looped between 1PM - 5PM.
Sho Akita (Normal Screen) will be present at the end each evening to talk with audiences/ answer questions.

Admission free, 500 yen for the resource guide.

関連イベント

レセプション・パーティー:7月21日(土)18:00-19:30 ※入場無料 作家2名ともに在廊いたします。
Reception Party : 18:00 - 19:30 on 21st (sat.) July., 2018
The artists will be present. Admission free.

HIVの影響を強く受けながら語られることの少ない、黒人コミュニティの経験に焦点をおく試み。
アメリカのアート界を中心に注目されるアーティスト8人が参加したVisual AIDSによる新作映像7作品を日本語字幕付きで上映します。
ノーマルスクリーン / GalleryOUT of PLACE 共催

『知られざる結末、斬新な幕開け』はVisual AIDSの 28回目となるDay With(out) Art/アートの(ない)日のプロジェクトです。
Visual AIDSはキュレーターにエリン・クリトベイルとヴィヴィアン・クロケットを招き、
今でも蔓延するHIV/AIDSの影響をうけるアメリカの黒人の人々の声を主役にした作品をプログラムしました。
選ばれた8人のアーティスト --- ミッキー・ブランコ、シェリル・デュニエ & エレン・スピロ、レイナ・ゴセット、トーマス・アレン・ハリス、キア・ラベイジャ、ティオナ・マクロデン、ブロンテズ・パーネル --- が斬新な短編映像7作品を発表します。

ブラックコミュニティには顕著なHIV/AIDSの影響がありながら、その経験はアートや歴史の大きな語りから除外されています。
2016年、アメリカ合衆国全体で新たにHIVを診断されたうちの44%がアフリカ系アメリカ人でした。
この状況を考えると、この統計に含まれた人々の生活を意識したストーリーに焦点をおくことは緊急を要するでしょう。
さらに、本プログラムでは全米のブラックコミュニティの中でも語られることの少ない
クィアやトランスジェンダーの人々の声を積極的にとりあげようとしています。
上映される映像作品には、HIV陽性の若者が人知れず沈思黙考する時間や、南部におけるコミュニティ基盤のHIV/AIDSアクティビズムを描いたもの、
AIDSアーカイブの遺物、現代にも共鳴するものの探求、また詩的にニューヨークのクィアとトランスの人々の人生や歴史を辿る作品などがあります。

これらを合わせて観ることで、普段知る機会の少ない「声」に出会い考えるきっかけになればと思います。

Gallery OUT of PLACE and Normal Screen present Visual AIDS' film project by eight artists that focuses
on experiences around HIV/AIDS within Black communities in the United States. In English, with Japanese subtitles.

ALTERNATE ENDINGS, RADICAL BEGINNINGS was the 28th annual iteration of Visual AIDS’ longstanding Day With(out) Art project.
Curated by Erin Christovale and Vivian Crockett for Visual AIDS, the video program prioritized Black narratives within the ongoing AIDS epidemic,
commissioning seven new and innovative short videos from artists Mykki Blanco, Cheryl Dunye & Ellen Spiro, Reina Gossett, Thomas Allen Harris, Kia LaBeija, Tiona Nekkia McClodden and Brontez Purnell.
In spite of the impact of HIV/AIDS within Black communities, these stories and experiences are constantly excluded from larger artistic and historical narratives.
In 2016 African Americans represented 44% of all new HIV diagnoses in the United States.
Given this context, it is increasingly urgent to feature a myriad of stories that consider and represent the lives of those housed within this statistic.
ALTERNATE ENDINGS, RADICAL BEGINNINGS seeks to highlight the voices of those that are marginalized within broader Black communities nationwide, including queer and trans people.
The commissioned projects include intimate meditations of young HIV positive protagonists; a consideration of community-based HIV/AIDS activism in the South;
explorations of the legacies and contemporary resonances within AIDS archives; a poetic journey through New York exploring historical traces of queer and trans life, and more.
Together, the videos provide a platform centering voices deeply impacted by the ongoing epidemic.

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。