自由を生む中庸―アポロンにその真実を問う PartⅡ

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180625日 -  20180630
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日は17:00まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー檜e・F
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
最寄り駅
宝町
電話番号
03-6228-6361

詳細

展覧会内容

現代では、過激な言説がしばしば幅を利かせています。そうした過激な言説に振り回されないためには、「中庸」(過激なものに偏ることなく、中正を保つ状態)が必要です。
「中庸」というと、「過激なもの」とは違って、一見なんの刺激的な要素もなく、いたって平凡なものを思い浮かべるかもしれません。しかし、私たちにとって本当に重要なことは、「過激なもの」のような、私たちから遠く離れたところにあるのではなく、むしろ、一見なんの変哲もない身近なところに潜んでいるのではないでしょうか。そして、「過激なもの」に走ることなく、「中庸」を維持したときにこそ、私たちの自由(物事を新たに発見したり創造したりすること)も可能になるのではないでしょうか。
そこで、本展覧会では11名の作家さんに、「自由を生む中庸」をテーマにして作品を制作・展示していただきます。「自由を生む中庸」について、問いかけを投じる展覧会です。
なお、本展覧会の案内状には、P.ヴァレリーの『精神の危機』をもとにしたテキストが掲載されています。

出展作家は、以下の通り。

李 ウンジュ
金澤安宏
樺山カナヤ真理
神川智子
佐藤千恵子
杉木奈美
千野渓子
塚田圭以子
松浦延年
間々田 佳
宮塚春美

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。