「至上の印象派展」ビュールレ・コレクション

ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》©Foundation E.G.Bührle Collection,Zurich (Swiss) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P.Kuhn)
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20180519日 -  20180716
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    入館は16時30分まで(毎週金・土曜日は20時00分まで夜間開館(入場は19時30分まで)
    休み
    5月21日、6月4日、6月18日、7月2日
    入場料
    有料
    一般1600円(1400円)、高大生900円(700円)、小中学生500円(300円)
    夜間割引料金 一般1400円、高大生700円、小中生300円
    ※( )内は前売り、有料の方が20名以上の団体 ※障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料 ※夜間開館当日17時~19時半まで当館券売所で販売(当日限り有効)。夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    050-5542-8600(NTTハローダイヤル 午前8時〜午後10時/年中無休)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    九州国立博物館
    住所
    〒818-0118 福岡県
    太宰府市石坂4-7-2
    最寄り駅
    太宰府
    電話番号
    050-5542-8600

    詳細

    展覧会内容

    ドイツ生まれのエミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、第一次世界大戦後スイスに移り住み、実業家として大成功をおさめました。亡くなるまでのわずか20年間に、豊かな資金で印象派やポスト印象派を中心とする絵画を収集し、世界でも指折りのプライヴェート・コレクションを一人で築き上げました。
    本展では、マネ、モネ、ドガ、ルノワール、ゴーギャン、ファン・ゴッホなど、印象派、ポスト印象派の巨匠の作品はもちろんのこと、彼らに先行するオランダのフランス・ハルス、イタリアの風景画家カナレット、フランス古典派のアングルや、20世紀に生まれたキュビスムのブラック、フォーヴィスムのマティス、そしてひとつの枠に収まらないピカソなどによる美術史上きわめて重要な作品を厳選してご紹介します。
    本展は、ビュールレ・コレクションを日本でまとめて見られる最後の機会となります。
    西洋絵画300年の流れをうつしだす、珠玉の傑作64点をお楽しみ下さい。

    巨匠の代表作が一堂に
    「画集でよく見るこの絵は、ビュールレ・コレクションにあったのか!」ドイツの大学で美術史を学んだビュールレは、コレクションの充実にあたって、ある画家の代表作1点に満足することなく、さまざまな時期と画題のものもあわせて収集するように努めました。本展では、モネ、ドガ、セザンヌ、ファン・ゴッホら印象派やポスト印象派の巨匠たちによる肖像画、風景画、静物画など異なるジャンルの作品が並びます。それぞれの作家の画風の変化もあわせてご覧ください。

    その半数が日本初公開
    ビュールレ・コレクションの日本公開は、横浜美術館での生誕100年記念世界巡回展から数えて27年ぶり、2度目となります。珠玉の名品64点が並ぶ本展では、前回の巡回展ではご紹介できなかった傑作が全体の約半数を占めています。なかでも、モネ晩年の大作《睡蓮の池、緑の反映》(2x4.25メートル)は、ビュールレがジヴェルニーのモネのアトリエに出向き、1952年にモネの息子から購入したものです。チューリヒに運ばれてから、今回初めてスイス国外でお披露目されます。この作品は、展示室内
    で写真撮影できます!!!
    多くの日本人がまだ見たことのない、近代フランス絵画史をいろどる作品の数々が会場で皆さまをお待ちしています。

    盗難から軌跡の生還
    ビュールレの没後、遺族は財団を設立し、自宅別棟で、1960年から2015年までビュールレ・コレクションを公開してきました。2008年の開館中に、武装強盗団がモネ、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ドガの4点を強奪しました。幸い、後にすべて無事取り戻されましたが、その評価額(当時の換算で約175億円)が大きな話題となりました。会場に4点すべてが展示されています。
    2020年に、ビュールレ・コレクションはチューリヒ美術館に移管されるため、同コレクションをまとまった形で日本で見ることができる最後の機会となります。どうぞお見逃しなく。

    主催・協賛・後援

    主催: 九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、NHK福岡放送局、NHKプラネット九州
    共催: (公財)九州国立博物館振興財団
    協賛: 損保ジャパン日本興亜、積水ハウス、ふくおかフィナンシャルグループ、西日本鉄道
    特別協力: 太宰府天満宮
    協力: スイス政府観光局、スイスインターナショナルエアラインズ、日本貨物航空、ヤマトロジスティクス
    後援: 外務省、スイス大使館、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、九州・沖縄各県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、北九州市、北九州市教育委員会、太宰府市、太宰府市教育委員会、福岡EU協会、アンスティチュ・フランセ九州、西日本リビング新聞社、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM、九州旅客鉃道、日本自動車連盟福岡支部、NEXCO西日本九州支社、福岡県タクシー協会、福岡市タクシー協会、福岡商工会議所、太宰府市商工会、太宰府観光協会、日本旅行業協会、西日本文化サークル連合、西日本新聞TNC文化サークル、国際ソロプチミスト太宰府

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。