the gallery closed, and I am there...:川中 政宏

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180329日 -  20180415
開催時間
15時00分 - 20時00分
休み
3/29、31、 4/1、 7、8、 14、15 open
それ以外の日はclose
入場料
無料
展覧会の撮影
この情報のお問合せ
09040356840
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
galerie weissraum
住所
〒606-8396 京都府
京都市左京区下堤町82 恵比須ビル3階
最寄り駅
神宮丸太町
電話番号
075-761-8565

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ギャラリーはしまっている、そこにわたしはいる。

このギャラリーの看板は、私が十数年前に作ったものです。
それは今でもここで使われています。

weissraumは近年、作家自身がギャラリーのオープンクローズを行っています。
展覧会の日時も作家の自由であり、それについて十分なインフォメーションを行わない作家もいます。

したがって、展覧会のな日時以外でも、オープンしている事もあります。

私は何の情報を得ていない時にでも、ギャラリーの近くを通る時は、開廊しているかどうか確認しに行きます。
大抵は日が落ちた後の時間帯が多く、外から見るギャラリーは電気が消え、暗い状態になっています。

ギャラリーは閉まっています。

そんな暗いギャラリーの中、避難口誘導灯(いわゆる非常口のマークが)、その部屋に静かな緑の色を差しています。
その光はいつも心地よく感じ、私の心を鎮めてくれます。

今回はそんな所に着目し、閉廊後のギャラリーの世界を私なりに作ろうと思います。

素材:蛍光灯、避難口誘導灯、木材、FFシート出力

主催・協賛・後援

主催:galerie weissraum

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。