大坂 秩加|版画展

大坂秩加| Chika Osaka " よそいたてのごはん" 2015 リトグラフ 61.0 x 94.0cm Edition of 20 ©Chika Osaka
あと5日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20180331日 -  20180428
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝
    入場料
    無料
    この情報のお問合せ
    Gallery MoMo Projects
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    GALLERY MoMo Projects
    住所
    〒106-0032 東京都
    港区六本木6-2-6 2F
    最寄り駅
    六本木
    電話番号
    03-3405-4339

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    GALLERY MoMo Projects では、3月31日(土)から4月28日(土)まで両国で開催される個展に合わせ大坂秩加の版画展を開催いたします。

    以前発表したもの中から、現代の女性たちが呟いたような文章が付随する作品を中心に展示する予定です。
    大坂秩加は1984年東京生まれ、東京藝術大学で油画を専攻後修士課程で学んだリトグラフの技術は2011年の修了制作作品で如何なく発揮され、その才を多くの人に知られるところとなりました。修士在学中の2010年シェル美術賞展で審査委員賞を受賞、2014年にはVOCA 展で佳作賞を受賞しました。
    2016年に京都で開催された京都版画トリエナーレにも参加し、発表の場を広げています。
    高度な版画技術を持ちながらもその技法にこだわらず、当初から版画、水彩、油彩と作品を展開し、極めて庶民的で親近感を持たせた人物を描いてきました。着衣や日常品の文様には日本の古い様式から転写され、どの技法からも現代的な浮世絵というイメージを想起させます。
    近年では、舞台美術の経験から演劇的なインスタレーションで作品を見せることに関心を強めています。2016 年に開催された個展では、初期より続けてきた作品と文章を展示すると共に、その文章のシーンを彷彿とさせる音楽をギャラリー内でかけることで演出された空間でありながら、リアリティを加えることに成功しました。それだけでなく、個展を一つの舞台作品とし、版画作品に役者のような役割を担わせることで、伝統的な手法に新たな存在意義を吹き込みました。このように一つの作品として展示をする時、エディションのある版画作品は何度でも、そして同時に違う場所でも、それを再現することができるのです。今まで版画作品と油彩作品を分け隔てなく制作してきた大坂ですが、個展を一つの舞台のように展開する手法は、大坂に版画作品の新たな役割を自覚させました。

    今展では、そうした演出を過去に発表した版画作品にも施し、新たにリアリティを吹き込みます。旧作の版画の展示にはなりますが、新たな視点で作品を
    ご高覧いただければ幸いです。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。