ミケランジェロと理想の身体

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ= アポロ》 1530 年頃 バルジェッロ国立美術館蔵 Florence, Museo Nazionale del Bargello
openstatus
あと70日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20180619日 -  20180924
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    ※金・土は21時00分まで ※入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日、7月17日(火)
    ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館
    入場料
    有料
    一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料
    ※()内は前売り、20名以上の団体料金
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    国立西洋美術館
    住所
    〒110-0007 東京都
    台東区上野公園7-7
    最寄り駅
    上野
    電話番号
    03-5777-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    彫刻、絵画、建築の各分野で名をなし「神のごとき」と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564)。本展では、世界に全部で約 40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作《ダヴィデ=アポロ》を日本初公開すると共に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約50点により、ミケランジェロや当時の芸術家たちが創りあげた、理想の身体美の表現に迫ります。
    ミケランジェロをはじめルネサンスの芸術は、彫刻を中心とする古代ギリシャ・ローマ美術を源に発展しましたが、中でも、男性の裸体表現は人体の理想像として、大きな影響を与えました。本展では、大理石およびブロンズ彫刻、壁画、油彩、素描、陶器など、日本初公開を含むさまざまな作品を展示。「幼少期から青年期の男性表現」「アスリートと戦士」「神々と英雄」などの切り口で男性美の表現を捉えるとともに、ミケランジェロに影響を与えた古代作品、そしてミケランジェロから影響を受けたルネサンス作品を紹介します。

    主催・協賛・後援

    主催:国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
    後援:外務省、イタリア大使館
    協賛:大日本印刷
    協力:西洋美術振興財団

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。