服部磨奈展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180226日 -  20180303
開催時間
11時30分 - 19時00分
最終日は17:00まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー檜e・F
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
最寄り駅
宝町
電話番号
03-6228-6361

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ドローイング作品とタブロの作品、15~16点を展示。

作家のコメント
作品について

物の誕生は全てにおいてゼロから1の作業だ。無いものを作り出すには制作渦中、画面とのやりとり、駆け引きが存在する。
在るものを消しまた描き出し、何度となく繰り返す反復作業が行われる。その中で気配や立ち現れるものに何かが宿る。

1つを存在させる為に私は色々なものを削り剥ぎ落としまたつける。その1つを在るものにする為に懸命になる。周りとの関係性が見えなくなる。だから私の作品は1つを対峙する対象の個体だけになる。

私の生活は限られた許容範囲の中で繰り返し変わり映えなく反復される。外に出て感じた事、ついているテレビから流れる情報は自ずと取り込まれ自身の抱えている問題と作品を作り出す際に頭の中で繰り広げられる構築作業それら全てを絡んで自分という枠の中での出来事が作品になる。
いつしか繰り返し行われる制作作業は自分を安定させる行為になっていった。
表皮と内側、画面のつらと内情、全ては表側と内側の関係性を纏っている。
自身の深い襞の部分に寄り添いそこから滲み出てくる個人的な事情にすぎない出来事である。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。