ぼくらが日本を継いでいく -琳派・若冲・アニメ-

初音ミク×若冲鶏  llustrationbyiXima©CryptonFutureMedia, INC. www.piapro.net piapro ©細見美術館
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20180110日 -  20180116
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    1月12日(金)・13日(土)は20時00分まで
    ※いずれも入場は閉場の30分前まで
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    新宿高島屋 03-5361-1111(代表)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    新宿高島屋
    住所
    〒151-8580 東京都
    渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
    最寄り駅
    新宿
    電話番号
    03-5361-1111

    詳細

    展覧会内容

    新宿髙島屋では、展覧会「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」を開催し、琳派や若冲など日本画の世界と現代のキャラクターが融合した作品を展観いたします。
    これらの日本画とキャラクターが融合した作品の制作は、2015年に始まりました。京都で各種染織製品の製作、販売を手がける「豊和堂」(とよわどう)のアートディレクター・山田晋也(やまだ・しんや)さんが、「マンガやアニメも、戯画や絵巻など日本古来の絵画の流れを受けているともいえる。では、そのマンガやアニメを琳派の手法で描くとどうなるだろうか?」と考え、琳派へのオマージュ作品を企画したのが始まりでした。

    細見美術館館長・細見良行(ほそみ・よしゆき)さん監修のもと、この時制作された作品は、2015年秋に京都国際マンガミュージアムで開催された「琳派オマージュ展」などで展示され、大好評を博します。

    本展では、2015年に発表された作品から、若冲の作品に着想を得て本年制作された初公開の新作まで計35点を一堂に展観いたします。作品はすべて、豊和堂の絵師による肉筆画です。時代を超えて融合し誕生した新たな世界観と、その世界に息づくキャラクターたちの表情をお楽しみください。

    出展作品 計35点予定
    すべて、豊和堂の絵師による肉筆画。約半数は、細見美術館の所蔵品(俵屋宗達、鈴木其一、神坂雪佳、酒井抱一、酒井鶯蒲、伊藤若冲など)に着想を得て細見美術館館長・細見良行さん監修のもと、制作されました。
    ※特定の作品をモチーフとしていないものもあります。

    【作品に登場するキャラクター】
    手塚プロダクション:「鉄腕アトム」のアトム、「火の鳥」の火の鳥、「ブラック・ジャック」のブラック・ジャック、リラックマ、初音ミクなど

    主催・協賛・後援

    主催:RINne Associe
    後援:BS日テレ
    特別協力:細見美術館

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。