富田菜摘展 「中吊りの日々」 

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20180213日 -  20180303
開催時間
10時30分 - 18時30分
休み
日・祝
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ギャルリー東京ユマニテ
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャルリー東京ユマニテ
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3562-1305

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

ギャルリー東京ユマニテにて3年ぶりとなる富田菜摘の新作展を開催いたします。

富田菜摘(とみた・なつみ)は1986年東京生まれ。多摩美術大学油画科在学中の2007年に初個展後、東京、名古屋、大阪などのギャラリーで個展を開催。その後、「妻有アートトリエンナーレ」、「高島屋美術水族館」など多くのグループショウで作品を発表。2009年にはシンガポールに滞在し、現地で集めた金属廃材や新聞紙などの素材で制作。シンガポールや香港のギャラリーで個展を行いました。その他、身近にある廃材を使ったワークショップ、店舗やTVスタジオのディスプレイ、ミュージックビデオのアートワークなど多方面で活躍。現在最も注目される若手作家のひとりです。

富田の代表的な作品は、自転車やキッチン用品、電子機器などの金属廃材で作られたキュートで愛らしいカメやサル、鳥、恐竜など動物の立体作品で、大きいものは約2m、中にはキャスター付きの椅子をそのまま仕込みその上に乗って動かすことができる作品もあります。

富田が金属の作品と並行して発表しているのが、新聞や雑誌の切り抜きを使った人物作品です。流行や社会現象など時代を表すメディアである新聞や雑誌で、その時々の人物像を発表してきました。

リーマンショック後に制作された投資家のおじいさん「山崎俊二」は経済記事や株式欄で、モテキャラ女子大生「山田友里」は雑誌cancamでと、その表情や服装、スタイルは彼らを象徴する新聞記事や雑誌で驚くほど精巧に作られ、作品タイトルもそれぞれのキャラクターにあった名前がつけられています。前回の個展では、アイドル雑誌を素材に人気アイドル(AKB、ジャニーズ、EXILE、宝塚など)を現代の浮世絵として表現したレリーフ作品が好評を博しました。

今回は新聞紙を用いた人物作品の新作となり、その舞台は見慣れた電車の車内です。他人同士が共有する不思議な空間にはスマホに見入る女子高生「今井新奈」、メタボな中年サラリーマン「原田太志」、就活女子大生「内藤定子」、ダイエットに励み美しさを追求する「細川麗美」など、どこか可笑しくも愛おしい17人のキャラクターが吊り革にぶら下がっています。先の見えない未来に不安を抱えながらも日々電車に乗る現代人たち。今回はモノクロの新聞紙を使うことで、より観察力が際立ちました。常に現代の世相をリアルに見つめ、次々と新たな展開に挑戦する富田菜摘の新作を是非ご高覧下さい。

新聞紙で作られた人物作品(約60-110cm)17点、その他、金属による動物作品数点を出展

●作家コメント
電車の中は、他人同士が同じ空間に詰め込まれ、それぞれが自分の世界に入りお互いを意識しない不思議な空間だと感じ、以前から度々作品のテーマとしてきました。電車の座席に座りながら目の前に来た人を眺め、服装や持ち物、表情などからこんな人なのではないかと想像を膨らめてみる。そんな自分もその他人の集団の一部なのだと思い、面白く感じます。
新聞記事を用いた人物作品は以前から発表していましたが、今回は初めてのモノクロ作品。ギャラリー内に浮遊する人物たちから、電車の中の独特で不思議な雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。