至水・道甫 根付彫刻2人展 FREESTYLE NETSUKE DUNGEON

至水・道甫 根付彫刻2人展 FREESTYLE NETSUKE GUNGEON
あと7日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20171118日 -  20171126
    開催時間
    13時00分 - 19時00分
    最終日は18時00分まで
    休み
    10/23
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    ギャラリー花影抄
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery 花影抄
    住所
    〒113-0031 東京都
    文京区根津1-1-14 らーいん根津202
    最寄り駅
    根津
    電話番号
    03-3827-1323

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    このたび、至水(しすい)と道甫(どうほ)、新人根付彫刻作家の二人展を開催する運びとなりました。
    至水は、1970年生まれ、北海道函館在住の根付作家。
    元来、模型や造形が好きで歯科技工士の職を経て、現代根付作家となった。
    根付の世界の外側(模型文化やサブカルチャーも領域)から「根付は面白い、そして現代根付とはなんだろう」
    という姿勢で制作活動に向かっている。

    道甫は、1988年生まれ、大阪芸術大学の授業で「根付」について学び、根付作家となった。
    大学の授業で根付についての勉強をして、地の利から京都の清宗根付館にも通い、
    「根付とはこういうもの、良い根付とは」という学びを経た上で、制作活動に向かっている。

    この対照的な経験を経て根付作家として活動している二人が、同じテーマを設けて制作するという。
    果たして並んだ二人の作品から何か見えてくるのか、現代根付を考える上でも楽しみに展覧会となっている。

    作家の言葉 至水

    人外なる異形の者を根付として具現化し続ける至水と、
    クトゥルフ神話などを題材に魔道具としての根付を制作する道甫の2人展。
    超個性派の2人の作家が今回キーワードに掲げたのは、「ロールプレイングゲーム」。
    至水と道甫が自由に彫り出す全ての作品が、「ネツケ ダンジョン」即ち「根付の迷宮」で冒険者を待ち受けます。
    根付の冒険者達よ!至水&道甫とパーティを組み根付の迷宮をロールプレイしてみませんか?

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。