野田裕示 〈点を投げる〉

  • 印刷する
会 期
20171002日 -  20171021
開催時間
10時30分 - 18時30分
休み
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ギャルリー東京ユマニテ
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャルリー東京ユマニテ
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3562-1305

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 野田裕示(のだ・ひろじ)は1952年和歌山県生まれ。多摩美術大学絵画科油画卒業の翌年(1977年)、当時現代美術の先駆的画廊であった南画廊(東京)で初めての個展を行い、そのダイナミックな作品は注目を集めました。その後も国内外の美術館、画廊で発表を続け、2001年には芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。さらに石彫の岡本敦生氏とのコラボレーション作品が現代日本彫刻展(2005年)で毎日新聞社賞を受賞するなど、立体と平面による新しい展開も見せています。2012年には国立新美術館(東京・六本木)で大規模な回顧展が開催され、以降も精力的に発表を続けています。

 野田は一貫して、支持体と絵画表現の有り様をテーマに制作に取り組んでいます。80年代初めの箱に入ったレリーフ状の支持体は、徐々に全体を麻の袋で覆ったものに変化し、さらにカンヴァスを幾重にも重ねた構成へと移行します。近年は躍動感のある人体のようなフォルムが現れたり、一転して白のフラットな画面に自由な形を描いたりと、表現も様々な変容を見せています。

 今回の新作は100号の大作を中心に、6月の個展で発表された作品同様、偶発的に生れ出たかたちと、さらに新たな取り組みとしてドロッピングのような絵具の飛沫で構成され、表情豊かなマチエールを見せてくれます。また、青黄、緑赤、ピンク赤など以前にも増してビビットな色彩の組み合わせが目を引きます。
本展は今年6月の展示に続いて今年2回目の新作展となり、100号の大作が6点、その他、50号、30号数点が発表されます。次々と新たな試みを見せてくれる野田裕示の新作を今回もお見逃しなく是非ご高覧ください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。