特別展 仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー

特別展 仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    会 期
    20180116日 -  20180311
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    毎週金・土曜日は、21時00分まで
    入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日 ※ただし2月12日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館
    入場料
    有料
    一般1,600円(1,300円)、大学生1,200円(900円)、高校生900円(600円)、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金。 ※障がい者とその介護者1名は無料。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    東京国立博物館
    住所
    〒110-8712 東京都
    台東区上野公園13-9
    最寄り駅
    上野
    電話番号
    03-5777-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    真言宗御室派(おむろは)総本山の仁和寺(にんなじ)と、全国の御室派寺院が誇る寺宝が、一挙、上野へ
    御室桜で知られる仁和寺は、光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願し、次代の宇多天皇が仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院です。歴代天皇の厚い帰依を受けたことから、すぐれた絵画、書跡、彫刻、工芸品が伝わります。創建時の本尊である阿弥陀如来坐像(国宝)は、当時もっともすぐれた工房の作品です。また、高倉天皇宸翰消息(国宝)は皇室との深いかかわりを物語るものです。本展覧会では、それら仁和寺に伝わる名品を一堂に紹介します。

    また、仁和寺を総本山とする御室派寺院は全国に約790箇寺あり、すぐれた仏像も少なくありません。天平彫刻の名品として知られる葛井寺(ふじいでら)の千手観音菩薩坐像(国宝)が、江戸時代の出開帳以来初めて東京で公開されるほか、普段目にすることができない多くの秘仏が見られる貴重な機会になります。

    仁和寺では現在、観音堂の解体修理が行われています。観音堂は修業の場であるため非公開ですが、本展覧会では33体の安置仏を展示するとともに、堂内の壁画を高精細画像によって再現して、一般にはふれることのできない堂内の厳かな空気を体感していただきます。

    みどころ
    秘仏や本尊を含む仏像約70体が一堂に!
    仁和寺創建当時の本尊・国宝「阿弥陀如来坐像および両脇侍立像」、秘仏・国宝「薬師如来坐像」など仁和寺が誇る仏像に加え、全国の御室派寺院の中から、葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」、道明寺の国宝「十一面観音菩薩立像」、中山寺の重要文化財「馬頭観音菩薩坐像」、神呪寺の重要文化財「如意輪観音菩薩坐像」、雲辺寺の重要文化財「千手観音菩薩坐像」などの普段は公開されていない数多くの“秘仏”、さらに明通寺などの仏像ファン待望の名宝まで、合計約70体を一堂に公開します。

    仁和寺所蔵の国宝「三十帖冊子」、修理後初の全帖公開!
    2014年度に修理が完了した、弘法大師・空海ゆかりの国宝「三十帖冊子」を公開します。さらに、会期中の2週間限定で全帖を一挙公開。書のファンを魅了してやまない空海ゆかりの書を、全帖にわたりご覧いただきます。

    仁和寺の観音堂を展示室に再現!
    江戸時代の仁和寺再興期に再建され、僧侶の修行道場のため一般には非公開の観音堂を、展示室に再現します。実際に安置されている仏像33体に加え、壁画も高精細画像で再現し、仁和寺の僧侶により守り伝えられてきた観音堂の姿を体感いただきます。本展が観音堂改修工事を記念して開催されることにより実現した、特別な空間となります。

    主催・協賛・後援

    主催:東京国立博物館、真言宗御室派総本山仁和寺、読売新聞社
    特別協力:仁和会
    協力:サビア
    協賛:光村印刷

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。