オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

オットー・ネーベル《ナポリ》『イタリアのカラー・アトラス(色彩地図帳)』より、1931年、水彩・紙、オットー・ネーベル財団
あと1日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20171007日 -  20171217
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    毎週金・土は21時00分まで。 入館は閉館の30分前まで
    休み
    10/17(火)、11/14(火)
    入場料
    有料
    一般1500円(1300円)、大高生1000円(800円)、中小生700円(500円) 
    ※( )内は前売、20名様以上の団体料金
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Bunkamura ザ・ミュージアム
    住所
    〒150-8507 東京都
    渋谷区道玄坂2-24-1
    最寄り駅
    渋谷
    電話番号
    -

    詳細

    展覧会内容

    知られざる画家 ”オットー・ネーベル”日本初の回顧展

    スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。

    ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。※会期中一部展示替を行います。

    みどころ

    1 知られざる画家オットー・ネーベル、待望の日本初回顧展!
    本展はベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な脇力を得て開催される、オットー・ネーベルの日本初の回顧展です。

    2 クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も紹介
    クレー、カンディンスキー、シャガールなど、ネーベルが影響を受けた同時代の作家の作品もあわせて紹介し、20世紀美術の流れの中でネーベルの創作活動の軌跡を展観します。

    3 油彩、版画、コラージュなどバリエーション豊かな作品が一堂に!
    画家、版画家、さらには詩人としても活躍し、マルチな才能を持った芸術家オットー・ネーベル。活動初期から晩年までのバリエーション豊かな作品が一堂に会します。

    BERN ベルン
    ネーベルが後半生を過ごしたベルンは、湾曲するアーレ川のほとりにつくられたスイスの首都です。中世の面影が残る旧市街が世界遺産に認定されているこの都市で、ネーベルは晩年のクレーとの親交を深めました。

    1899-1920's BERLIN
    出発点ー故郷ベルリンで画家を志して

    ベルリンに生まれ育ったオットー・ネーベル(1892-1973年)は、初め建築を専門に学び、のちには演劇学校にも通いました。美術だけでなく、建築、演劇、詩作など、生涯、多分野に渡って活躍したネーベルの若き頃からの関心の広さが窺えます。その後、兵役中にフランツ・マルクの作品に感銘を愛けたネーベル。ナチスの弾圧を受けたパウル・クレー同様にスイスのベルンに移住した後も、芸術への純真な姿勢を央うことなく制作活動を続けました。

    1924 WEIMAR
    クレーとカンディンスキー、バウハウスワイマール校での出会い

    バウハウスで教鞭をとっていたゲルトルート・グルノウのアシスタント、ヒルデガルト・ハイトメイヤーと結婚したネーベルは、バウハウスの校舎のあるワイマールに滞在。パウル・クレーやワシリー・カンディンスキーと知遇を得て、彼らの作品から制作への多大なるインスピレーションを受けるとともに、生涯に渡る友情を育むことになります。

    1926-1928 ASCONA
    シャガールとマルクに憧れて

    1916年、大胆なタッチと非現実的な鮮やかな色彩で動物を描いて人気を博したフランツ・マルクが、36歳の若さで戦死。マルクに捧げられた展覧会をベルリンで見たネーベルは画家になろうと決心します。ネーベル自身「子供の魂から生み出された」と語る色彩豊かな明るい作品は、マルクやシャガールからの影響を思わせます。

    1931 ITALY
    カラー・アトラス 色彩と光に目覚めたイタリアヘの旅

    1931年の3か月間のイタリア滞在は、ネーベルを大いに魅了しました。風景の中のモチーフは四角い色面に置き換えられ、各都市の個性を色彩で表現しようと試みます。特に『イタリアのカラー・アトラス(色彩地図帳)』は、イタリアの各都市での色と形の探求の成果が美しくまとめられた秀逸なスケッチブックです。ネーベルはその後も数回にわたりイタリアを訪れ、自身の視覚感覚によって制作された色彩パレットに基づいて、実際の都市の景観を変容させていきました。

    ARCHITECTURE VIEWS
    建築的景観 構築される画面

    建築を学んでいたネーベルは、都市の建築物の構成の輪郭を単純化された立方体や結晶体の形にあてはめ、色彩のコントラストによって捉えようと試み、一連の都市の建築シリーズを描きました。また大聖堂のモチーフに興味を持ち、色のついたガラスを通って空間に溢れる光に満たされた内部空間を繰り返し描き出しています。

    1933-1973 BERN
    後半生、移住先のスイスで試みた絵画的実験

    MUSIC 音楽 色彩によるオーケストラ
    敬愛するカンディンスキーと同じように、現実を再現するのではない抽象絵画を描こうとしたネーベルは、作品のタイトルにも音楽用語を使用し、音楽を感じさせる絵画を目指していきます。ネーベルは自らの挑戦を、オーケストラの指揮者になぞらえていました。

    ABSTRACT 抽象ー色と形の冒険
    色と形だけで自立した絵画を目指したネーベルの作品は1933年にドイツを離れるとさらに開花していきます。1936年-51年までの間、カンディンスキーの尽力で、ニューヨークのグッケンハイム財団が作品を購入し、ネーベルの芸術活動を支援しました。作品に込められた内面的な世界は、ルーン文字や易経への強い関心と結びつき、また62年に訪れた中東のイメージを取り込みながら、造形的、色彩的な探究とともに、豊かな精神性あふれる世界を生み出していきました。

    関連情報

    ■記念講演会「イタリアで試みた色彩の冒険」*通訳付き
     日時:2017年10月8日(日)18:30-20:30(予定)
     講師:テレーズ・バッタチャルヤ=シュテットラー(本展監修者/オットー・ネーベル財団理事長)
     場所:Bunkamuraザ・ミュージアム展示室内
     定員:60名/事前申込制
     参加費:無料(要本展チケット提示、半券可)
     8月28(月)10:30より受付開始

    ■関連講演会「ワイマールのバウハウスとその周辺-バウハウスで出逢った芸術家たち」
     日時:2017年11月19日(日)18:30-20:30(予定)
     講師:杣田佳穂(ミサワ バウハウス コレクション学芸員)
     場所:Bunkamuraザ・ミュージアム展示室内
     定員:60名/事前申込制
     参加費:無料(要本展チケット提示、半券可)
     9月25(月)10:30より受付開始

    ■ネーベル展開催記念 サロン・コンサート「響き合う色と形」
     ピアニストである林正樹さんがネーベルの作品を音で表現します。
     日時:2017年11月5日(日)19:00開演(18:45より開場)
     演奏者:林正樹(ピアニスト)
     場所:Bunkamuraザ・ミュージアム展示室内
     定員:60名 
     料金:2,500円(税込)
     *全席自由、イベント時間のみご利用いただけます
     申込方法:オンラインチケットMY Bunkamuraにて
     9月4(月)10:30より販売開始

    主催・協賛・後援

    主催:Bunkamura、テレビ朝日
    後援:スイス大使館、ドイツ連邦共和国大使館
    協力:スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、USMモジュラーファニチャー、ヤマトロジスティクス株式会社
    企画協力:オットー・ネーベル財団 In cooperation with Otto Nevbel Foundation, Bern

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。