北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

『北斎漫画』十一編(部分)、《踊り子たち、ピンクと緑》
あと70日後に終了
    • 印刷する
    会 期
    20171021日 -  20180128
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    金、土曜日は午後8時。ただし 11/18は午後5時30分まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日(ただし1/8は開館)、12/28~1/1、1/9
    入場料
    有料
    一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料
    ※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください) ※団体は20名以上 ※本展の観覧券で常設展示も併せてご覧いただけます。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-5777-8600 (ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    国立西洋美術館
    住所
    〒110-0007 東京都
    台東区上野公園7-7
    最寄り駅
    上野
    電話番号
    03-5777-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    日本発、世界初。
    西洋と北斎の名作、夢の共演。

    19世紀後半、日本の美術は西洋の人々を魅了し、"ジャポニスム"という現象が生まれました。なかでも注目された存在が、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、また絵画だけでなく彫刻や装飾工芸などあらゆる分野に及びました。北斎は、西洋美術の近代の扉を開ける原動力となったのです。

    本展は、西洋近代芸術の展開を"北斎とジャポニスム"という観点から編み直す、世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ西洋芸術の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60冊の計90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)による"東西・夢の共演"で、北斎が西洋に与えた衝撃をご覧いただきます。

    北斎という異文化との出会いによって花ひらいた西洋美術の傑作の数々を堪能いただくとともに、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることでしょう。

    葛飾北斎とは?

    宝暦10年~嘉永2年(1760-1849)。江戸時代後期を代表する浮世絵師。狂歌本や読本挿絵、『北斎漫画』に代表される絵手本などの版本、錦絵版画、肉筆画などを手がける。「冨嶽三十六景」は、とりわけ代表傑作で、歌川広重と並び、江戸時代後期に、浮世絵における風景画のジャンルを確立させた。

    主催・協賛・後援

    主催:国立西洋美術館、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ
    特別協賛:キャノン
    協賛:花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、トヨタ自動車、みずほ銀行、三菱商事
    協力:ヤマトロジスティクス、西洋美術振興財団

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。