画廊からの発言 新世代への視点2017 小松崎晃

  • 印刷する
会 期
20170724日 -  20170805
開催時間
10時30分 - 19時00分
最終日17時00分まで
休み
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
ギャルリー東京ユマニテ
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャルリー東京ユマニテ
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3562-1305

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

「画廊からの発言新世代への視点2017」は、銀座・京橋を中心とした10画廊が各々に推薦する新鋭作家の個展を同時開催する企画です。ギャルリー東京ユマニテでは1982年生まれの小松崎晃(こまつざき・あきら)を紹介いたします。
岩絵の具と墨を丁寧に積み重ね、丹念に画面を作り上げる小松崎の絵画には、静かにたたずむ鳥や地面をついばんでいるような鳥など、様々な様子の鳥が描かれています。鳥の形に生きる事の不思議を感じ、人間とは違いあまり余計なことを考える事のなさそうな表情に惹かれる、と小松崎は言います。
そぎ落とされたフォルムで描かれた鳥に混ざって、図形のように直線で構成された鳥が描かれることもあります。描く中で鳥の形が膨らんだり縮んだりする感覚があると小松崎は言いますが、その変化を受け入れる事で、描き手の意図しない形が生まれてくるのかもしれません。どこか空想と現実が入り混じったような空気に包まれていますが、じっと見つめていると、この鳥たちをいつかどこかで見た事があるような感覚がもたらされます。
昨年のギャルリー東京ユマニテbisでの展覧会に続き2回目となる本展では、鳥をモチーフとした100号の新作を中心に10数点の作品を展示いたします。この機会をお見逃しなく、ぜひご高覧いただきますようお願いいたします。

<作家コメント>
鳥や花のかたちは時、心的なものにも触れる端緒のようなものであり、ただ単に確たる物象の描出なのではないといえる。ある記憶を持った人間の眼差しは、我知らず、その姿、存在に、過去の体験、情緒に親しいものをなにかしら想起するのかもしれない。現実か幻影か、別段何もハッキリ判別を迫られることはない。

<画廊からの発言 新世代への視点 2017> 本展は銀座・京橋を中心とした10画廊の共同開催によるもので、各画廊が推薦する40歳以下の新鋭作家の個展を同 時期に行う企画です。1993年に始まり、今回で18回目を迎えます。参加画廊、作家情報、スタンプラリー、ギャラリーツ アーの詳細はウェブサイトをご覧ください。 http://galleryq.info/news/news_newgeneration2017.html
主催:東京現代美術画廊会議

小松崎晃

1982 岩手県生まれ
2005 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2007 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻日本 画コース修了
2010 武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程造形芸術 専攻単位取得退学
現在、創画会会友

[個展]
2016 ギャルリー東京ユマニテ bis、東京

[主なグループ展]
2007 「scene」 コート・ギャラリー国立、東京
2008 「第 17 回奨学生美術展」 佐藤美術館、東京
2014 「第41回創画展」 東京都美術館、東京 京都市美術館、京都
2015 「第 41 回東京春季創画展」 日本橋髙島屋、東京
2015 「第 42 回創画展」 東京都美術館、東京
2016 「第 42 回東京春季創画展」 上野の森美術館、東京
2016 「洋々展」 ギャラリー壹零参堂、神奈川
2016 「第43回創画展」 東京都美術館、東京 京都市美術館、京都
2017 「第 43 回東京春季創画展」 T-ART GALLERY・TERRATORIA、東京

[受賞歴]
2007 守谷育英会美術奨励作品 推薦
2009 守谷育英会美術奨励作品 守谷賞
2011 「臥龍桜日本画大賞展」 奨励賞('12)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。