木村泰平 個展「長い話」

  • 印刷する
会 期
20170423日 -  20171022
開催時間
11時00分 - 17時00分
10月は16:00まで。最終受付時間は閉館一時間前。
休み
水曜日、木曜日
クリエイター在廊

HPにて随時お知らせします。
入場料
有料
一般700円  未成年者無料
展覧会の撮影
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
0228-52-2811
info@kazenosawa.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
風の沢ミュージアム
住所
〒987-2302 宮城県
栗原市一迫片子沢外の沢11
最寄り駅
くりこま高原
電話番号
0228-52-2811

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

木村泰平は、1986年生まれのこれからが期待される若手の現代アーティストのひとりです。埼玉県に生まれ、東京藝術大学大学院美術研究科の先端芸術表現専攻を2012年に修了。その年に発表した自動車とドラム缶が衝突するパフォーマンスは、過激な映像として人々の目に焼き付きました。その後に続く住宅の床材を破壊的に壁に集約させるなどの作品も、暴力的な動きをしながらもその制作過程は、アーカスプロジェクト同様、綿密に計算された繊細なものです。

 木村の活動は、解体される建築物や、爆発する瞬間を樹脂に閉じ込めたものなど、スケールは違えど強く視覚に訴えてくるものばかりです。しかし彼の制作を貫くテーマが刺激や暴力性かといえば、そうではありません。木村の作品には、ものごとの時間の経過が閉じ込められています。モーターによりテンションがいっぱいになるまで巻かれたチェーンが、その反動の力をもって衝突するまでの力。

 まるで長い映像を一度に体験するような時間の圧縮です。そこには何か物語りが込められていそうですが、その意味ではなく、形態を洗練させていく手法を木村はとっています。彼は形で実直に力強く私たちに語りかけます。しかしその言葉は、意味の向こう側にあります。

 木村は本展覧会のリサーチのために何度も栗原市を訪れています。作品を構想する上で、この地方の置かれている状況、環境を読み解こうとしています。それは作品に反映されるものではありません。なぜなら作品とは何かを説明するための装置ではないのです。人は、モノを見るときにそのモノの意味を読み解こうとしがちです。自分が理解できるモノに安心し、理解できないものには興味を失います。

 現代美術が「自分には関係がない」「難解でわからない」と敬遠しがちな理由の一つはこの、「意味が、形から理解できない」ということも要因の一つかもしれません。しかし世界には、形や状況から容易に理解できることは、実は少ないのです。人は理解できるものばかりが目に入り、それが世界だと思ってしまいます。

 木村泰平の作る作品を通して、「理解できない・見えない」世界を体験してみてください。自分の目や頭や身体を、今までとは違ったやり方で動かし、違った目で、違った頭でみてください。会期中は、ワークショップやレクチャーなどのイベントもあります。詳細は、ウェブサイトに随時掲載していきます。

関連情報

4月23日 アーティストトーク 8月と10月にワークショップ開催予定 

主催・協賛・後援

主催:風の沢ミュージアム
後援:栗原市、栗原市教育委員会、河北新報社

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。