ファッションとアート 麗しき東西交流展

  • 印刷する
会 期
20170415日 -  20170625
開催時間
10時00分 - 18時00分
入館は17時30分まで
※夜間開館:5月17日(水)は20時30分まで(入館は20時まで)
休み
木曜日 (※ただし5月4日[木・祝]は開館)、5月8日(月)
入場料
有料
一般1,500円(1400円)、大学・高校生900円(800円)、中学生600円(500円)、小学生以下無料、65歳以上1400円(要証明書、美術館券売所のみで対応)
※( )内は20名以上の団体(要事前予約) ※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証) ※2017年6月2日(金)は観覧無料 ※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料 ※本展チケットで観覧当日に限り、横浜美術館コレクション展もご覧いただけます
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
横浜美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
横浜美術館
住所
〒220-0012 神奈川県
横浜市西区みなとみらい3-4-1
最寄り駅
桜木町
電話番号
045-221-0300

詳細

展覧会内容

海の向こうへの憧れが、新しい装いと美を生み出した――。

1859(安政6)年の開港以来、横浜は西洋の文化を受け入れ、日本の文化を海外に送り出す玄関口としての役割を担ってきました。この展覧会では、19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、横浜を一つの拠点とする東西の文化交流が、人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたのかを紹介します。

明治以降の日本では、西洋からもたらされたファッションやライフスタイルが、急速に人々の暮らしに浸透していきました。一方、西洋へは日本の美術品や着物が輸出され、ジャポニスムのブームが起こりました。日本と西洋の双方にとって、海の向こうの人々は、美しく珍しい衣服を優雅にまとい、自分たちのものとは異なる工芸品で日々を豊かに彩る、「麗しき」他者であったことでしょう。

横浜では初めての展示となる京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスや服飾品約100点を中心に、国内外の美術館や個人が所蔵する服飾品、工芸品、絵画、写真など計約200点を展観。日本と西洋が互いの装いと生活の文化をどのように受容・展開し、新しい美を見出していったかをたどります。(会期中、一部展示替えがあります)

第1章 東西文化の交差点 YOKOHAMA

1859(安政6)年の開港以来、横浜は交易の拠点であるのみならず、東西の文化や情報が行き来する玄関口の役割を担いました。開港場には外国人居留地が設けられ、海岸近くには貿易のための商館やホテルが立ち並び、外国人向けの土産物屋が軒を連ねるようになりました。また、進取の気風に富んだ実業家や、優れた工芸技術を有する職人たちが、日本各地から横浜に集まりました。日本独自の意匠や繊細な技術と西洋人の嗜好を融合させた、真葛焼や横浜焼などの陶磁器、芝山細工の家具、羽二重のドレスなどが横浜の地で作られ、輸出されていきます。

第2章 日本 洋装の受容と広がり

明治維新後、日本政府は西洋の国々に倣った近代国家をめざして西洋文化を積極的に導入し、人々の生活は大きく変化しました。皇室や華族が洋装を取り入れ、鹿鳴館では西洋風の舞踏会や音楽会が数多く開かれました。軍服や制服で早くから洋服を着用した男性に対し、女性は大正期までは和装が主流でしたが、髪飾りや指輪などの小物で徐々に洋装を取り入れていきました。画家や版画家、写真家たちはそのような洋装の女性たちをいち早く取り上げました。楊洲周延や月岡芳年は、文明開化の時代を生きる洋装の女性たちを当世風俗として錦絵に描きました。美人画で知られる鏑木清方も、当時流行した新しい洋風のアクセサリーを画中に細やかに描き込んでいます。

第3章 西洋 ジャポニスムの流行

19世紀後半、西洋では、パリやロンドンの万国博覧会に出品された日本の美術品や工芸品が注目を集め、ジャポニスムの大ブームが巻き起こりました。日本の工芸品やきものは、高級百貨店などで販売されて急速に広まり、日本の文化に新しいイメージの源泉を求めたテーブルウェアや、調度品が制作されるようになりました。ファッション界においてもジャポニスムの影響は大きく、ウォルトやシャネルをはじめとする代表的なメゾンがこぞって、日本のきものにインスピレーションを得たドレスを発表しました。絵画作品にも、きものに身を包んだ西洋女性の姿が数多く描かれました。

主催・協賛・後援

主催:横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、公益財団法人京都服飾文化研究財団、日本経済新聞社
後援:横浜市
特別協力:株式会社ワコール、三菱一号館美術館
協力:日本宝飾クラフト学院、公益社団法人服飾文化研究会、みなとみらい線、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。