フーコーの振り子とコリオリの力

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20110326日 -  20110416
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
日、月、火、祝日休廊
4月3日(日)は特別開廊
この情報のお問合せ
Ohshima Fine Art
TEL 03-3235-2271
情報提供者/投稿者
開催場所
Ohshima Fine Art
住所
〒101-0061 東京都
千代田区三崎町2-21-6 1階
最寄り駅
水道橋
電話番号
090-8815-7950

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

フーコーの振り子は、簡単に言えば、地球が自転している証明の実験である。フーコーは重りをつけた振り子の実験によって、振り子の振動方向が、少しずつ回転する様にずれていくところ見せ、地球の自転を視覚的に証明した。
コリオリの力 とは、向転力 ともいわれ、回転している場所で、ものが移動した際に移動方向と垂直な方向に移動速度に比例した大きさで受ける慣性力である と解説されるものである。
地球の自転によって生ずる例えば台風の渦などの‘ずれ’がコリオリの力と呼ばれている。

[作家コメント]
世界中にこの振り子は存在します。
ゆっくりと動く巨大な振り子は辺りを不思議な空気に包み込み、
この振り子が世界を創り、支えているようにも思えてきます。

昔外国で見た静かに動くこの振り子は、頭の奥のほうに刻まれ、ずっと振れ続けています。

私は日常生活の中で、何かに歪められた風景を見ているのではないかと怖くなることがあります。
あらゆるものは、見る角度によって違う意味を持ちます。

それに対し、作品の中では普段の世界の設定を壊し、造り変え、色んな空間を同時に存在させることができます。

私は作品と過ごしている間、画面の中の時が止まり、重力が変化し、おかしな空間が生まれ、そしてまたゆっくりと動き出す瞬間を見逃さないよう待っています。

関連イベント

オープニングレセプション: 3月26日(土)  18:00 - 20:30

トークイベント:
東京アートウイークの一環として、神楽坂アートコンプレックスでもトークイベントを開催いたします。
3ギャラリーのお話を全て聞けるように、時間順になっています。

「ダイアローグ in 神楽坂」 4月1日(金) 18:00 - 20:00

18:00- Ohshima Fine Art  都築響一氏のトーク  Speaker : TSUZUKI Kyoichi
19:30- imura art gallery   橋爪彩×島田雅彦×渋谷慶一郎対談

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。