JUN OSON 「BESIDE」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160426日 -  20160508
開催時間
11時00分 - 19時00分
最終日18時00分まで
この情報のお問合せ
TAMBOURIN GALLERY
情報提供者/投稿者
開催場所
TAMBOURIN GALLERY
住所
〒150-0001 東京都
渋谷区神宮前2-3-24
最寄り駅
外苑前
電話番号
03-5770-2331

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

JUN OSON は、1979年愛知県生まれ、東京を拠点に活動しているイラストレーターです。
これまでに、NHK「あはれ!名作くん」アニメーション (2016年-) 、東海テレビ「かよえ!チュー学」アニメーション (2011年-) 、「キリン のどごし オールライト」スペシャル缶デザイン(2015年) 、TOYOTA「ha:mo」広告漫画・アニメーション(2015年) 、グリコ「プリッツ」キャンペーンビジュアル(2015年) など、多様なコマーシャルワークを通して積極的に作品を発表しています。
OSON の作品は、カラフルな塗りによる表現や、8の字型の顔にも見られるポップなビジュアル、そして、それらと相反する、ユーモアとアイロニーが同居したドライでウィットに富んだストーリー設定が魅力です。デフォルメされたシンプルな描写にも関わらず、個性的なキャラクターや意表を突く展開は鑑賞者の想像力をかきたてます。
OSONは、本展に向けてこのように語っています。

僕は若手作家の作品をぽつりぽつりと買っているのだが、そこで気がついた。僕はその作品を買うときにまず印象で判断する。コンセプトなどはあまり気にしない。次に判断材料になるのが「側に置いておきたい・飾りたい」という基準なのだ。どんなに好みの絵でも飾りにくいものは買わない。
そこで「側に置いておきたい作品」というのを今回の展示のテーマにしようと思いついた。個展のテーマとしてそんなバカげたものがあるだろうか?それは結果であって目的ではないはずで、多くの作家はそれを最優先にはしない。しかしイラストレーターである僕にはピッタリかもしれない。僕は求められている (であろう) 事に自分なりの解釈で回答するのが好きなのだ。
今回の展示は普段のビビットでカラフルな色合いや人物が大きく描かれる構図は抑え、側に置け、気兼ねなく飾れるような作品を意識して制作した。
- JUN OSON

本展は、タイトルでもある「BESIDE」を テーマに、インテリアに置かれることを想定した、大小のペインティング、シルクスクリーン、立体作品、約50 点からなる新作展です。陶芸作家・林大作 (はやし・だいさく) によるマグカップやフラワーベースなどのプロダクト作品、立体作家・田中優太 (たなか・ゆうた) によるスマートフォンスタンド、ぶち木工による木工作品など、本展初公開となる他作家とのコラボレーション作品も発表いたします。
また、会場では展示作品をはじめ、新作の手ぬぐいやハンカチなどのグッズ販売も行います。
4月29日 (金・祝) には、アーティストを囲みオープニング・レセプションを行うほか、会期中には関連イベントを開催いたします。ご多忙の折とは存じますが、本展を皆様にご高覧頂ければ幸いです。

JUN OSON (ジュン・オソン)
1979年愛知県生まれ、鎌倉市在住。
挿画や漫画など紙媒体を中心に、アニメーション、Tシャツデザインなど幅広く活動中。主な仕事に、NHK「あはれ!名作くん」アニメーション (2016年-) 、東海テレビ「かよえ!チュー学」アニメーション (2011年-) 、「キリン のどごし オールライト」スペシャル缶デザイン (2015年) 、TOYOTA「ha:mo」広告漫画・アニメーション (2015年) 、グリコ「プリッツ」キャンペーンビジュアル (2015年) 、スチャダラパー LIVE 映像 (2015年) 、Fred Perry London (フレッドペリー) 店鋪ディスプレイ (2015年) 、ZUCCa (ズッカ) とのコラボレーショングッズ (2013年) 、SONY ワイヤレススピーカー特設サイト (2013年) 、Laforet Fashion week カタログ(2012年) などがある。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。