1945年 ±5年 激動と復興の時代 時代を生きぬいた作品

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20160521日 -  20160703
開催時間
10時00分 - 18時00分
金・土曜日は20時00分時まで
入場は閉館の30分前まで
入場料
有料
一般 1,300(1,100)円、大学生900(700) 円、高校生・65 歳以上650(550) 円、中学生以下無料
※(  )内は前売および20名以上の団体割引料金( 高校生・65歳以上は前売なし) ※ 障がいのある方とその介護の方1名は各当日料金の半額。(65歳以上をのぞく) ※ 各種割引の適用は、会期中、美術館窓口のみ。要証明。
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
兵庫県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
兵庫県立美術館
住所
〒651-0073 兵庫県
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]
最寄り駅
岩屋
電話番号
078-262-0901

詳細

展覧会内容

 本展覧会は、1940年から50年までの11年間の美術に焦点を当てます。
 1940(昭和15)年から1945(昭和20)年までの前半は、日中戦争、アジア・太平洋戦争の時代、1945(昭和20)年から1950(昭和25)年までの後半は連合国によって占領統治された時代にあたります。年代を追うと、
 1937(昭和12)年 日中戦争
 1941(昭和16)年 アジア・太平洋戦争
 1945(昭和20)年 敗戦
           連合国による占領統治
 1952(昭和27)年 独立
となります。この時代は、日本の近代史の中で最も激動の時代といえるでしょう。そのあいだ、美術家はどのような表現を行い、社会とどのような関係を持ったのでしょうか。
 戦中、美術の活動は厳しく統制され、戦争遂行などに協力することが求められました。藤田嗣治をはじめとする画家たちは戦争画や銃後の人々を顕彰するための絵などを制作したのです。
 ただし、個々の美術家の営みはそれに限りません。1940年代の初めはモダンな絵も描かれ、風景画や静物画においては個人の視点を込めた作品が相変わらず作られました。
 一方、敗戦を経た戦後間もないころは、廃墟の絵が多く描かれました。文字通り、画家たちは廃墟から出発したのです。
 また、戦後はすぐに戦中と断絶したのではありません。戦前から活躍していた作家、たとえば、福沢一郎や吉原治良、鶴岡政男らが再び自分の世界を取り戻すことから始まったのです。世相を描いたり、自分の世界を守ったり、戦時中に対する批判を絵に込めたりと、美術の世界は徐々に広がっていきました。
 以上のように、時代の大きな渦に巻き込まれながらも、美術家の活動は多様な様相を呈します。このことを、約70名の作家、約200点の作品によって振り返ります。洋画を中心に、一部日本画、彫刻、資料を加える予定です。

第1章 1940年~ 1942年頃
 1937年からの日中戦争によって、日本は戦争に突き進みます。戦争の影はいたるところで見られますが、軍需景気もあって、一部ではまだ華やかさを残していました。1930年代から続くモダンな世界を代表するのは、中西利雄や小磯良平などの女性像、松本竣介の、都市の断片をコラージュしたような都市風景画です。その一方で、戦争を題材にした作品も散見されます。

第2章 1943年頃~ 1945年
 戦争はやがて悲壮な状況に進んでいきました。本展では、銃後の人々、少年兵、遺族、戦死者、出征兵など、人々の様々な営みを描いた作品を通して、この過酷な時代を垣間見ます。香月泰男が「満州国」のハイラルから送った軍事郵便には、家族を思う文章と大陸の風物が書(描)かれ、時代に左右されない人間としての感性が広がっています。

第3章 1945年~ 1946年頃
 敗戦は、人々に様々な感慨をもたらしました。捕虜となった水木しげるが描いた素描は、南方の人々や風景をモチーフにしたことも関係するのでしょうか、戦争が終わった喜びにあふれています。一方、洋画の重鎮、石井柏亭は、杜甫の詩を題名にした《山河在》で、人間の営みのはかなさに対する、自然の不変性を表現しています。焼け野原となり、廃墟が広がる都市風景を描く画家もいました。戦後は、廃墟から始まったのです。

第4章 1947年頃~ 1950年
 戦中の統制で抑えられていた美術の復活は、戦前から活躍していた福沢一郎、吉原治良、岡本太郎、桂ゆき、鶴岡政男たちが再び精力的に制作する様子から窺えます。丸木俊の裸体女性像は、たくましい人間の原像であるかのようです。さらに、日本画の革新を図るパンリアル協会のメンバーは、戦後のありふれたモチーフを造形に転化させました。
 戦後の改革が進み、戦中期から時間もたつと、戦時中と戦後の断絶が徐々にはっきりとしてきます。戦時中を振り返る余裕が出てくるのです。1950年には丸木位里・俊の《原爆の図》、浜田知明の《少年兵哀歌》シリーズが始まります。

※ 前期(-6月12日[日])、後期(-6月14日[ 火])で一部展示内容が変わります。

関連イベント

□講演会 
 「敗戦と美術―変わったことと変わらないこと」  
 6月5日(日)午後2 時~(約90 分)
 講師:木下直之(東京大学教授、文化資源学)
 ミュージアムホール(定員250 名)
 聴講無料(要観覧券・整理券*)
 ※当日午前11 時から当館ホワイエで整理券を配布します。

□学芸員による解説会
 5月28日(土)、6月11日(土)、25日(土)午後4 時~(約60 分)
 レクチャールーム(定員100 名)
 聴講無料

□ミュージアム・ボランティアによる解説会
 会期中の毎週日曜日 午前11 時~(約15 分)
 レクチャールーム(定員100 名)

主催・協賛・後援

主催:兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
後援:公益財団法人 伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会
協賛: ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。