松徳硝子/職人による手仕事にこだわる_2

  • 印刷する
会 期
20160603日 -  20160619
開催時間
11時00分 - 18時00分
休み
月曜・火曜定休(祝祭日は営業)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
コニーズアイ
情報提供者/投稿者
開催場所
コニーズアイ
住所
〒920-0855  石川県
金沢市武蔵町4-2
最寄り駅
金沢
電話番号
076-204-8431

詳細

展覧会内容

松徳硝子(しょうとく)は、1922年(大正11年)村松庄太郎により電球用ガラスの生産工場として創業しました。しかし時代の変化により機械による製造に代わりましたが、引き続き職人による手仕事にこだわり、数千種類もの手作りガラス器を製造してきました。

今回は「うすはりグラスシリーズ」で有名な松徳硝子の製品を紹介します。数多くのテレビCMに使われた「うすはりタンブラー」、ロックグラスとして広く知られている「うすはりオールド」、鼓をモチーフに流れるような曲線が美しい「うすはりビールグラス/ピルスナー」、香りが飛びすぎないように計算された「うすはり大吟醸」、日本の食卓や和の膳に合うように作られた「うすはり葡萄酒器」、日本酒好きな方への贈り物に最適な「うすはり酒器揃」をはじめ、江戸切子職人の堀口徹(堀口切子)とコラボした珠玉の酒器「回 -KAI-」と日本のロックグラス「ROOK」、怪異本所七不思議を題材にお化け好きアーティストとコラボした酒器「怪談ぐい呑み」、GRAPH北川一成パッケージデザイン・江戸切子伝統工芸士(瀧澤硝子工芸)による一点一点手仕事で作り上げた至極のグラス「Malt Shot Glass」、日本酒を引き立たせる酒器SHUKI「Choko・Tokkuri」、伝統工芸山中漆器の喜八工房とコラボした「冷茶器/Million」彫り込まれた型で吹きあげたモダンな造形のグラス「STium/Heavy」、サラダボウルや冷麺鉢にピッタリな器「8 -hachi- 格子」など、すべて展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。

なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また松徳硝子の製品は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。