Red String

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160305日 -  20160403
開催時間
13時00分 - 19時00分
休み
会期中無休
クリエイター在廊
入場料
無料
作品の販売有無
販売有 7,700円 ~ (税別)
この情報のお問合せ
stronghold@reminders-project.org (担当: 後藤)
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Reminders Photography Stronghold
住所
〒131-0032 東京都
墨田区東向島2-38-5 ユートリヤ すみだ生涯学習センター横
最寄り駅
京成曳舟
電話番号
-

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

2016年度RPS企画展第二弾は、藤井ヨシカツ写真展「Red String」を開催いたします。藤井は離婚した両親と自らの関係をベースに作品を作り続けており、一昨年発表した手製写真集「Red String」は世界的にも評価され、この度イタリアの出版社ceibaよりその普及版が刊行されます。その刊行を記念して本写真展を開催いたします。

-アーティストステートメント-
「今日、離婚が成立しました。」いつもはたくさんの絵文字で装飾されて送られてくる母のメールも、その時ばかりはごく簡素に記されただけだった。
その時は、ついに来る時が来たのかという思い以外に特別な感情を抱くこともなかったことを覚えている。
何しろ両親は長い間家庭内別居を続けていて、その関係は何年もかけて緩やかに坂を下ってきた。両者の間に吹くすきま風は、いつ家族を完全に崩壊させてしまっても不思議ではなかったのだ。
日本には昔から「運命的な出会いをする男女は、生まれたときからお互いの小指が目に見えない『赤い糸』で結ばれている」という言い伝えがある。
残念ながら両親を結ぶ赤い糸はほどけてしまったのか、切れてしまったのか、そもそも結ばれていなかったのかもしれない。しかし2人の出会いがなければ、私はこの世に生を受けることは無かったのだ。むしろ親子の間にこそ、切っても切れない運命の赤い糸が存在していると言えるのかもしれない。
いつしか私は、両親と私との繋がりについて考えるようになった。
遠く離れて暮らす両親とあと何日会えるのか。もう会えないかもしれないという焦燥感。次第にその存在は、どうしようもなく気掛かりで仕方のないものとして私の中で膨れ上がり、居ても立っても居られず我が家に何度も通った。
ぎこちない会話を交わしながら、ただ目の前にある現実を複写していく毎日。私は2人に合せて動きを変え、2人も私に合わせて形を変える。どちらかが一方的に譲歩するのではなく、互いに歩み寄っていく感覚。
たとえ話や思いを共有できたからといって実際に問題は何も解決していないけれど、それで得られる心の変化はとても大きい。
家族が一同に会すことはもう二度とないだろう。しかし私たちが一緒に生きた証は、家族それぞれの中に今でも確かに存在していると感じることができる。そしてこのまま家族を結ぶ赤い糸がバラバラにほどけてしまわないように、私はそれを手繰り寄せ固く結び付けていきたい。

関連イベント

●オープニングレセプション・アーティストトーク 
2015年3月5日(土) 午後4時 (※写真展は午後1時からご覧いただけます)

●『Red String』
出版社: ceiba
500部限定(署名入り)
96頁、 写真90点収録、16cm×22.5cm
価格: 7,700円(送料500円、ギャラリーでお受け取りの場合は送料は不要になります。)
ISBN: 978-1-941781-02-9
オリジナル・トートバッグ付き
http://reminders-project.org/rps/redstring2016jp/

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。