没後100年 宮川香山

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160224日 -  20160417
開催時間
10時00分 - 18時00分
金・土は20時00分まで)
※3月20日(日)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休み

※4月12日(火)は開館
入場料
有料
一般 :1,300円(前売 1,100円)、大学・高校生:1,000円(前売 800円)、中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料 ※20名様以上で100円割引
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
サントリー美術館
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
サントリー美術館
住所
〒107-8643 東京都
港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
最寄り駅
六本木
電話番号
03-3479-8600

詳細

展覧会内容

明治時代から大正時代を代表する陶芸家・宮川香山(みやがわこうざん)(虎之助・1842~1916)は、天保13年(1842)、京都の真葛ヶ原(まくずがはら)(現在の京都市東山区円山公園一帯)の陶工の家に生まれました。幼少の頃より父・長造(ちょうぞう・1797~1860)から陶器や磁器の製法を学び、万延元年(1860)に家督を継ぎます。
明治3年(1870)、転機が訪れます。香山は京都を離れ、文明開化の町・横浜へと向かいます。当時、明治政府は近代産業の育成に力を入れ、外貨獲得の手段の一つとして陶磁器をはじめ、様々な工芸品を輸出することを奨励していました。香山は、欧米諸国の趣向に応える新たな美を創り出すことに尽力し、中でも、陶器の表面をリアルな浮彫や造形物で装飾する「高浮彫(たかうきぼり)」と呼ばれる新しい技法を生み出し、日本陶磁における装飾の概念を覆すような、精緻で独創的な世界を作り出していきました。

明治10年代半ば頃から、香山は新たに釉薬と釉下彩の研究に取り組み、中国清朝の磁器にならった様々な技法の作品を作り始め、制作の主力を陶器から磁器に切り替えていきました。そして明治29年(1896)、香山は、陶芸の分野では二人目となる帝室技藝員(ていしつぎげいいん)に任命されます。
宮川香山が生み出した眞葛焼(まくずやき)は世界中から絶賛を浴び、人気を博しました。大英博物館(イギリス)をはじめ世界的に著名な美術館が香山の作品を収蔵していることからも、その人気の高さが窺えます。
本展では、約50年にわたって当時日本に少なかった眞葛香山の作品を世界中から探し出しつつ、眞葛香山研究を続けてこられた田邊哲人(たなべてつんど)氏の、質・量ともに国内髄一を誇る貴重なコレクションを中心に、平成28年(2016)に没後100年を迎える宮川香山(初代)の「眞葛焼」の全貌を紹介し、超絶技巧のやきものの魅力に迫ります。高浮彫作品の目くるめく迫力、そして釉下彩や青磁などの吸い込まれそうなみずみずしさと優美な品格を、一挙にご堪能いただけるまたとない機会です。

主催・協賛・後援

主催:サントリー美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
協賛:日本写真印刷、三井不動産、サントリーホールディングス
協力:神奈川県立歴史博物館

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。