ポーラ美術館コレクション -モネからピカソ、シャガールへ

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160415日 -  20160620
開催時間
10時00分 - 18時00分
終了時間は日没後30分です。展示室への入場は日没時刻までです。
休み
火(ただし5月3日は開館)
入場料
有料
一般 :当日券1,000(800)円、企画・コレクション展セット1,150(920)円、前売(企画・コレクション展セット)900円、大学生:当日券600(450)円、企画・コレクション展セット 700(530)円、小中高生:企画・コレクション展セット300(250)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※小・中・高生の学校教育活動での観覧は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
島根県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
島根県立美術館
住所
〒690-0049 島根県
松江市袖師町1-5
最寄り駅
松江
電話番号
0852-55-4700

詳細

展覧会内容

2002年に箱根に開館したポーラ美術館は国内屈指の充実した西洋絵画コレクションを誇る美術館です。
本展ではそのコレクションのなかから、印象派のモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌ、ゴッホ、そして20世紀絵画を代表するピカソ、シャガールまで、19世紀後半から20世紀前半の西洋近代美術史を語るうえで最も重要な作家たちの選りすぐりの作品71点を紹介します。西洋近代絵画のドラマチックな展開をお楽しみください。

関連情報

■記念講演会 「光彩の画家・陰翳の画家―1900年前後のフランス美術」 ※聴講無料 ※当日先着順
 講師:木島俊介氏(本展監修者、ポーラ美術館 館長)
 日時:4月16日(土)14:00 ~(13:30開場/約1時間30分)
 会場:美術館ホール(190席)
 
■ワークショップ「水の輪・光の輪」  ※要事前申込 ※参加無料
 モネの絵の色彩を使って、宍道湖の水の色や水面に映る雲を、大きな紙に全員で描きます。
 できた絵でいろいろな大きさの輪を作り、波紋のように重ねて並べます。

 講師:松尾真由美氏(アーティスト)
 日時:5月29日(日)13:30~15:30
 会場:美術館アートスタジオ
 対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

■ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)  ※要企画展観覧料
 日時:4月23日(土)、5月8日(日)、5月21日(土)、6月12日(日) 各日14:00~
 会場:企画展示室

■サンセットギャラリートーク(夕方行う作品解説)  ※要企画展観覧料
 日時:6月3日(金)、6月10日(金) 各日18:00~
 会場:企画展示室

主催・協賛・後援

主催:島根県立美術館、山陰中央新報社、BSS山陰放送、公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、 SPSしまね
特別協賛:JAしまね( JAしまね一周年記念協賛事業)
後援:朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、N H K 松江放送局、T S K 山陰中央テレビ、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
監修:木島俊介(ポーラ美術館 館長)
協力:日本通運
企画制作:TBSテレビ
企画協力:テモアン

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。