MOTI個展 "CATFISH"

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160213日 -  20160320
開催時間
17時00分 - 23時00分
土・日 13時00分~19時00分
休み
冬季休廊期間:12月28日~1月7日
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
waitingroom
情報提供者/投稿者
開催場所
WAITINGROOM
住所
〒112-0005 東京都
文京区水道2-14-2 長島ビル 1F
最寄り駅
江戸川橋
電話番号
03-6304-1877

詳細

展覧会内容

waitingroomでは2016年2月13日(土)から3月20日(日)まで、恵比寿映像祭(東京都写真美術館主催)の地域連携プログラムとして、MOTIの個展『CATFISH』を開催いたします。日々変化する社会情勢、昨今のテロ、コントロールしきれない自然災害などに対する漠然とした「不安」をテーマに、タイトルの「CATFISH=なりすまし」をコンセプトとした新作を発表します。

MOTIについて
MOTI(モティ)は、北川陽子(FAIFAI)と林靖高(Chim↑Pom)を中心に、音楽家や外国人など様々なジャンルの人間が参加し2013年に始動した、都市で生きる人々の根源を取り戻すことをテーマに、パフォーマンスやヴィデオ作品を制作するプロジェクトです。MOTI(モティ)とはヒンディー語で真珠を意味します。今回の展示には、加藤和也(FAIFAI)も参加。

CATFISH=なりすまし
本展のタイトル『CATFISH』は、もとはアメリカのドキュメンタリー映画『CATFISH』で有名になり、現在はMTVで放映されている同名の人気TV番組のタイトルから取られています。映画ではFacebook上で親しくなった相手が、実は全く別人のプロフィールを載せていた「なりすまし」だったことがわかるドキュメンタリーで、昨今のネットアイデンティティに対する不信感が描かれた作品でした。TVシリーズでは、インターネット上のなりすましを徹底調査するという内容で人気を博しています。
今回の展覧会『CATFISH』では、そういった目に見えない「不安」をテーマに、米ソ冷戦時代の不安定な情勢の時にUFOなどが流行したように、「不安のなりすまし」としての宇宙人が登場する映像作品や、それに付随した写真作品などの新作を展示いたします。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。