ジョン・カリン版画展 

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20160227日 -  20160403
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月・火・祝
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
KIDO PRESS
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリー キドプレス
住所
〒101-0021 東京都
千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 204号
最寄り駅
末広町
電話番号
03-5817-8988

詳細

展覧会内容

ギャラリー キドプレスは、2月27日から4月3日まで、ニューヨーク在住の画家ジョン・カリンの版画展を開催いたします。
本展では、これまでにジョン・カリンが取り組んできた版画作品の変遷を2002年から2011年の間に制作された版画15点を時系列に展示し、技法的な解説を加えることによって、その画業における版画制作の重要性を明らかにする試みです。

カリンが描く女性像は、妻レイチェルをモデルとした作品の他、一昔前の通販カタログやファッション雑誌の切り抜き、インターネットのポルノ画像、ピンナップの妖艶なポーズなど、多岐に渡るインスピレーション源から着想しています。これらはそれぞれの時代を象徴する存在として描かれ続けてきた美術史における女性像の歴史とも密接な関わりを持っています。

例えば「Nude on a Table」(2002年)という横たわる裸婦の版画作品は、ジョン・カリン自身の同名のペインティング作品が元になっていますが、その構図や技法はフランスのロココ美術、北方ルネッサンス、マニエリスムなどの影響が指摘されています。

また「Milestones」(2006年)というタイトルを冠した7点組の版画集は、ジョン・カリンの代表的なペインティングから選ばれた7つのイメージによる版画作品です。それぞれの版画は単なる絵画の複製ではなく、丹念に版を彫ってイメージを描き出していくという創造的な行為であると同時にもう一つの役割を担っています。「Milestones」とは、一里塚や道しるべといった意味から転じて人生における画期的な出来事や節目を表すように、この版画集はこれまでの画業を振り返って整理するというジョン・カリンの個人史における節目の作品として位置づけられています。

さらに2011年に制作されたシリーズは、「Sears」や「Montgomery Ward」といったアメリカの中産階級が主な購買層であった大衆的な通販カタログから切り抜かれた俗っぽい女性のイメージをもとに、レンブラントの版画を想起させる繊細で優美なタッチが加わり、キッチュでありながらもどこか退廃的で奇妙に歪んだ美しさが見る者を強く魅了します。 このように絵画のエッセンスを凝縮した版画作品は、混沌としたカリンの絵画世界を読み解く上で一つの鍵を握っていると言えることでしょう。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。