高橋久美子展 TAKAHASHI Kumiko "self-frame"

橋久美子「tea house」 アクリル、綿布 50x50x7.4cm
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20110314日 -  20110319
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    会期中無休
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    tel. 03-3562-1305 fax. 03-3562-1306
    情報提供者/投稿者
    poster
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    ギャルリー東京ユマニテが若手作家を紹介する実験的な展覧会「humanité lab」。今回は高橋久美子(たかはし・くみこ)を紹介いたします。高橋は1981年愛知県生まれ。2006年愛知県立芸術大学大学院修了後、名古屋を拠点に制作活動を行っています。今回は東京での初個展となります。キャンバスの一部が異様に飛び出た画面には草花や風景が描かれ、異なったイメージとも重なり、とてもユニークな作品になっています。会期は1週間と短いですがこの機会に是非ご高覧下さい。

    【作者コメント】
    幼いころよく家族で遠くに出かけるときの長い車中で、車の窓から遠くを眺めると車酔いをしないよと母に言われ、よく流れていく遠くの風景を見ていたという思い出があります。それは今でも癖になっていて、そのころから風景を見ること、特に窓から見ることに関心を持っていることに気づきました。それは、例えば動かない景色の中で全くその風景と関係のない何かについて考えたり、単純にきれいな風景も確かにそこに存在しているのだと感じていたりすることである。じっくりものを観察して、じっくり絵に向かっていきたい、そこに絵の具の層と時間の層が重なり、絵が完成していく。その過程そのものが私にとって重要な要素であると思っている。 絵の対象になるものはそのときにいいと思った花などを風景の中からピンポイントで描いています。私は、なるべくそのときに見た風景の空気感のようなものを絵だけではなく絵から広がる空間から表すことができたらと考えています。

    【展示内容】
    綿布やポリエステル布地に油彩(石膏下地)やアクリルで描いた作品を約13点展示

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。