アナタにツナガル CONNECTING WITH YOU

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20160213日 -  20160410
開催時間
9時30分 - 18時00分
観覧券の販売は17時30分まで
休み
月(ただし3月21日〔月〕は開館)、3月22日(火)
入場料
有料
一般:1,000円(団体800円) 大学生・高校生:800円(団体600円) 中学生以下無料
※カッコ( )内は20名以上の団体・リピーター割引料金 ※リピーター割引:本展の半券提示で2回目以降のご来場は団体料金に割引 ※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介幼者は無料(受付でご提示ください)
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
新潟市美術館
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
新潟市美術館
住所
〒951-8556 新潟県
新潟市中央区西大畑町5191-9 
最寄り駅
新潟
電話番号
025-223-1622

詳細

展覧会内容

遠くて近い、アナタヘ、愛をこめて。
折元立身/岩井成昭/神林美樹/田中仁/角地智史

●現代の高度情報社会で見失われがちな、他者とのコミュニケーション●言葉の通じない異国の体験●アルツハイマーの老母を介護する日常●動物たちとの絶望的なコミュニケーション●美術と最も遠いのかもしれない、目の見えない人々●障がいを超えた対話●障がいから生まれる表現とはなにか●美術館と近隣商店街●かつてだれかが住んだ家●だれもが、だれかから与えられるなまえ●いつか生まれてくるこども●
わたしたちは、ほんとうにだれかと、ツナガルことができるのでしょうか

①従来のアートの枠組みを越えて、身近な社会や人々の暮らしにかかわっていく、コミュニケーション型の表現を取り上げます。
②パフォーマンス、大規模インスタレーションからアール・ブリュットまで。新潟のまちや人々とのかかわりの中で生まれた作品を展示。
③「つながる美術館」を掲げる新潟市美術館のみの開催、メイキング&最新情報はFacebookで!

4人の作家が紡ぎ出す、アナタに出会う、ストーリー

折元立身(おりもと・たつみ) 1946-
 言葉の通じない、異国の地で始まったパン人間は、フランスパンを顔にくくりつけた異形の人物がまちなかでゲリラ的にパフォーマンスを行う、世界的にも知られた代表作。今回はパン人間が美術館で目の見えない人との出会いを体験します。アルツハイマーの母の介護の日常から生まれる「ART MAMA」、動物たちをパートナーにしたコミカルなパフォーマンスのシリーズも、写真や映像で紹介。ドローイングも多数展示します。新潟初上陸。

岩井成昭(いわい・しげあき) 1962-
 秋田に暮らす視線から、新潟市内の空き家を取材した大規模な映像インスタレーションを制作、初公開。同時に、新しい命を宿した女性たちへのインタビューを重ね、赤ちゃんの名前とそこに託される母の思いを作品に結晶させます。見えない過去と、希望の未来に関係する、対照的な二つの「器」のイメージが展示空間に交錯します。展覧会と並行して、美術館にほど近い、商店街の空き店舗を活用したフルマチ・アートシタジオでも、人々と交流しながら、滞在型プロジェクト「ナマエラボ」を展開予定。

神林美樹(かんばやし・よしき) 1949-
 市内の福祉作業所でこつこつと制作に励む神林さん。木工室の木っ端、海岸で拾った流木、牛乳パックや端切れなど、なんでも素材にしてしまいます。知的障がいがありますが、絵を描くことが大好き。たくみな見たてによって、思いがけない動物や妖怪、まちの姿を作り出します。

田中仁(たなか・ひとし)1959-/角地智史(かくち・さとし) 1989-
 肌身離さずカメラを持ち歩く田中さん。角地さんは、アートキャンプ新潟のメンバーとして、障がいのある人の表現を支援する活動をしています。花の写真もたくさん撮っている田中さんのために、角地さんはいつも花をもって田中さんを訪ねます。好きな写真を選んでもらったり互いに撮影しあったりすることで、なぜ撮るのかをともに考え、自身にも問いかけ続ける、二人の二人三脚の表現を紹介します。

関連情報

①折元立身パフォーマンス「BREAD MAN Meets THE BLIND」
 出演:折元立身氏(本展出品作家)
 日時:2016年2月13日(土) 14:00~
 会場:新潟市美術館 企画展示室内
 要当日観覧券・事前申込不要
 パン人間、美術館に現る!? 目の見えない人にもアートを楽しんでいただきたい。
 折元さんを中心に、パン人間が見えない人々をエスコートします。
 ★★★当日パフォーマーとして登場する「パン人間」を募集します(定員10名、晴眼者可)。
 希望される方は往復はがき・メール・FAXのいずれかにより①参加者全員の氏名、②学年(もしくは大人)、
 ③代表者の氏名・電話番号・FAX番号、④「パン人間希望」を明記の上、美術館までお申し込みください(2月5日必着)。 
 ※応募一件につき2名まで記載可能です。※応募多数の場合は抽選となります。

②トーク「障がいとアート つくるをささえる/つくるをつなげる」
 出演:角地智史氏(本展出品作家/アートキャンプ新潟) 聞き手:塩田純一(当館館長)
 日時:2016年2月28日(日)14:00~15:30
 会場:新潟市美術館 講堂
 聴講無料・事前申込不要・開場30分前・定員80名

③アーティストトーク 折元立身
 出演:折元立身氏(本展出品作家)
 日時:2016年3月6日(日)14:00~15 : 30
 会場:新潟市美術館 企画展示室 

④アーティストトーク 岩井成昭×ナシモトタオ
 出演:岩井成昭氏(本展出品作家)
 ナシモトタオ氏(映像作家/国際映像メディア専門学校映画プロデュース科 科長)
 日時:2016年3月13日(日)14:00~15:30
 会場:新潟市美術館 講堂       聴講無料・事前申込不要・開場30分前・定員80名

⑤鑑賞の時間 *本展担当学芸員によるギャラリートーク
 日時:2月21日(日)、3月27日(日) 各日14:00~(約30分)
 会場:新潟市美術館 企画展示室   要当日観覧券・事前申込不要
     
■フルマチ・アートスタジオアーティスト・イン・レジデンス岩井成昭《ナマエラボ》
 日時:2月下句~3月中句
 会場:フルマチ・アートスタジオ 新潟市中央区古町通6番町980番地 バリウスビル1階
 主催:まちなかアート・スタジオ実行委員会
 会期中、本展の出品作品と関連したプロジェクトを古町6番町内の空き店舗を活用したスペースで行います。
  詳細は下記にて随時お知らせします。
  新潟市文化政策課ホームページhttps://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/shinkou/artstudio.html
  フルマチ・アートスタジオFacebookページwww.facebook.com/furumachiartstudio

■Facebook 本展覧会公式のFacebookページを開設(2015年11月~)。
 制作の模様から会期中のイベントまで随時更新中。美術館もツナガります。
 新潟市美術館「アナタにツナガル」展Facebookページhttps://www.facebook.com/ncam.tsunagaru/

主催・協賛・後援

主催:新潟市美術館
助成:美術館連絡協議会
協力:新潟県視覚障害者福祉協会、i-MEDIA国際映像メディア専門学校、社会福祉法人更生慈仁会青松ワークス、
   アートキャンプ新潟、まちなかアート・スタジオ実行委員会

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。