しまね画人伝

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20160102日 -  20160215
開催時間
10時00分 - 18時30分
入場は18時00分まで
休み
入場料
有料
一般500円(400円)、大学生300円(240円)
※( )内は20名以上の団体料金 ※身体障碍者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方は観覧無料 ※コレクション展料金を含みます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
島根県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
島根県立美術館
住所
〒690-0049 島根県
松江市袖師町1-5
最寄り駅
松江
電話番号
0852-55-4700

詳細

展覧会内容

島根ゆかりの画家を近世絵画、日本画、洋画、水彩画、版画の5分野から紹介する展覧会です。
江戸時代には、松江藩や津和野藩ら各藩のお抱え絵師が腕を振るい、池大雅ら文人画家の来遊がみられます。一方、明治以降(昭和20年まで)には 中央画壇で活躍した出身画家、または横山大観のように島根に逗留して制作をのこす画家、講習会で制作指導や普及につとめる画家が現れます。島根の風土が 育んだ画家とその動向を、地元伝来の作品を含む、当館のコレクションを中心にご覧いただきます。

関連イベント

■スペシャルトーク「絵画と作家たち」  ※聴講無料 ※当日先着順
 日時:1月24日(日)14:00~(13:30開場/約60分)
 講師:高橋一清(一般社団法人松江観光協会・観光文化プロデューサー、元・「別册文藝春秋」編集長、元・「文藝春秋臨時増刊」編集長)
 会場:美術館ホール(190席)

■美術講座(全3回)   ※聴講無料 ※当日先着順
 島根出身の本展出品作家を中心に、分野毎に解説します。
 日程:
   ①1月31日(日)
     演題:「《美人読詩》の画家 石橋和訓 -イギリスで学んだ肖像画家の生涯と作品-」
     講師:島根大学教育学部 嘱託講師 林 みちこ
   ②2月7日(日)
     演題:「広瀬藩御用絵師 堀江友聲の画業と魅力」
     講師:当館主任学芸員 大森拓土
   ③2月11日(木・祝)
     演題:「創作版画の雄 平塚運一 -その活躍と作品-」
     講師:当館主任学芸員 田野葉月
 時間:各日14:00 ~(13:30開場/約90分)
 会場:美術館講義室(40席)

■ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)  ※要企画展観覧料
 日時:1月11日(月・祝)、1月23日(土)、2月13日(土) 各日14:00~
 会場:企画展示室

■新春初笑い! 美術館落語会  ※鑑賞無料 ※当日先着順
 日時:1月10日(日) 14:00~(13:30開場/約60分)
 出演:6代目 桂小文吾(上方落語協会会友)
   〈プロフィール〉
      京都市出身 鳥取県米子市在住。昭和27年、満15才の時に5代目桂文吾の弟子になり、6代目桂小文吾を名乗る。
 会場:美術館ホール(190席)
 ※開演後の途中入退場はご遠慮くださいますようお願いいたします。

■島根県立美術館謹製 2016年カレンダープレゼント
 期間:1月2日(土)~1月13日(水) 、1月5日、12日(火)の休館日をのぞく10日間
 対象:「しまね画人伝」をご覧いただいた方各日先着50名
 場所:企画展示室入口

主催・協賛・後援

主催:島根県立美術館、日本海テレビ、山陰中央新報社、SPSしまね
後援:朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産経新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、
    NHK松江放送局、TSK山陰中央テレビ、BSS山陰放送、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
助成:平成27年度文化庁補助事業

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。