トップランナーII 日本画の若き力

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151205日 -  20160131
開催時間
10時00分 - 18時00分
金曜日のみ 10:00~20:00
休み
月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、祝日の翌日、年末年始
会期中の休館日:12/7・14・21・24、12/28~1/4、1/12・18・25
入場料
有料
一般500(400)円、大高生300(250)円
※( )内は20名上の団体割引料金 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
高崎市タワー美術館 027-330-3773
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
高崎市タワー美術館
住所
〒370-0841 群馬県
高崎市栄町3番23号 高崎タワー21
最寄り駅
高崎
電話番号
027-330-3773

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

2011年に開催して大きな反響を呼んだ、若手日本画家を特集した「トップランナー」展の第2弾として、積極的な活動を展開する狩俣公介・川又聡・松岡歩・松村公太をご紹介します。伝統的な技法と現代的な感性を融合し、堅実な歩みでそれぞれの画風を確立する、1978年生まれの作家による静謐で力強い作品をお楽しみください。

「日本画」というと古い絵をイメージされる場合もありますが、日本画は過去のものではなく、現代の日本画家たちが伝統的な技法を学びつつ、そこに留まることなく新たな世界へと展開させています。
 文化財の保存修復で培った手法により、水面に広がる風と光の煌めきを描く狩俣公介(かりまたこうすけ)
 野生動物の一瞬の姿をとらえ、緊迫感のある構図に静と動を交錯させる川又聡(かわまたさとし)
 マンボウなどの愛らしい生物をモチーフに、穏やかさと緊張感を共存させる松岡歩(まつおかあゆむ)
 内外に取材したスケールの大きな自然と光を、心象風景へと昇華させる松村公太(まつむらこうた)
1978年生まれの4名の作家は、奇を衒うことなく、堅実な歩みでそれぞれの画風を確立しています。本展覧会では、今後の日本画界を牽引するトップランナーとして注目を集める作家ちゃちによる静謐で力強い作品を紹介し、いまを生きる日本画の魅力に迫ります。

関連情報

■出品作家によるギャラリートーク
 ・狩俣公介・松村公太 12月19日 午後2時~
 ・川又聡・松岡歩 1月9日 午後2時~

■学芸員による作品解説会
 1月17日・30日 午後2時~

主催・協賛・後援

主催:高崎市タワー美術館
後援:朝日新聞前橋総局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、群馬テレビ、J:COM群馬、FM GUNMA、ラジオ高崎

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。