ヘレン・シャルフベック ――魂のまなざし

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20160110日 -  20160327
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日(ただし1月11日と3月21日は開館)
入場料
有料
一般 1,200円(1,100円)/20歳未満・学生 1,050円(950円)、65歳以上 600円、高校生 100円
※( )内は20名以上の団体料金です。 ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。
※ファミリー・コミュニケーションの日:毎月第一日曜日(今回は2月7日と3月6日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は優待料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
神奈川県立近代美術館 葉山
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
神奈川県立近代美術館 葉山
住所
〒240-0111 神奈川県
三浦郡葉山町一色2208-1
最寄り駅
逗子
電話番号
046-875-2800

詳細

展覧会内容

この展覧会は、これまで日本でほとんど紹介されることのなかった、フィンランドを代表する画家ヘレン・シャルフベック(1862-1946)の創作の全貌を紹介するものです。

シャルフベックは3歳のときの事故で足が不自由になりました。11歳で絵の才能を見出され、1880年、18歳で奨学金を得て芸術の都パリに行き、最先端の美術に触れ、マネ、セザンヌ、ホイッスラーなどの影響を受けました。また、フランスのポン=タヴェンや、イギリスのセント・アイヴスなども訪れています。

 フィンランドに戻り、1890年代にはヘルシンキの素描学校で教鞭を執るものの、病気療養のため1902年にヒュヴィンガーに転居します。ここでの15年間にシャルフベックの芸術は大きく展開し、彼女独自のモダンなスタイルが確立されていきます。

 独立前後のフィンランドという激動のなか、過去と同時代の芸術を探求し、身近なもの、そして自分自身を深く見つめたシャルフベックの魂の軌跡ともいえる作品をご覧ください。

関連情報

■オープニング・トーク
 1月10日(日) 午後2時―3時
 講師:水沢 勉(当館館長)

■「志村ふくみ、シャルフベックを語る」
 ヘレン・シャルフベックの没後70年の命日にあたる日に、人間国宝で染織家の志村ふくみさんをお迎えし、シャルフベックについて語っていただきます。
 1月23日(土) 午後2時~2時40分
 講師:志村ふくみ氏(染織家)
 聞き手:水沢 勉(当館館長)

■ゲスト・トーク
 本展監修者で東京藝術大学准教授の佐藤直樹氏をお招きしてゲスト・トークを開催します。
 2月6日(土) 午後2時―3時
 講師:佐藤直樹(東京藝術大学准教授)
 聞き手:籾山昌夫(当館主任学芸員)

■学芸員によるギャラリー・トーク
 2月20日(土)、3月12日(土)
 各日午後2時―2時30分

主催・協賛・後援

主催:神奈川県立近代美術館、NHK横浜放送局、NHKプロモーション、日本経済新聞社
後援:フィンランド大使館、フィンランドセンター/特別協力:フィンランド国立アテネウム美術館
協賛:損保ジャパン日本興亜、大日本印刷/協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。