絵画に捧げる引力:薬師川千晴 展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151020日 -  20151101
開催時間
11時00分 - 19時00分
金曜日20:00まで・最終日18:00まで
休み
月曜日
この情報のお問合せ
Gallery PARC
Tel・Fax:075-231-0706
HP:http://www.galleryparc.com
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2015年10月20日(火)から11月1日(日)まで、薬師川千晴による個展「絵画に捧げる引力」展を開催いたします。

 2011年に京都精華大学洋画コースを、2013年に同大学大学院芸術研究科博士前期課程芸術専攻を卒業した薬師川千晴(やくしがわ・ちはる/1989年・滋賀県生まれ)は、在学中よりグループ展などに出品を重ね、2014年に初個展『絵画碑』(Gallery PARC)を、2015年に『ハイパートニック・エイジ』(京都芸術センター)に出品するなど、着実に活動を展開させています。

 薬師川はこれまで、多くはテンペラ絵具を用い、紙に絵具を置いてそれを二つ折りにするなどして転写し、対称の図を創出するデカルコマニー技法をもって絵画制作に取り組んでいます。
絵画に向かう薬師川の思考にはまず「あらゆるものから質量が失われつつあるこの世界」への危機感があるといい、絵画を作家の「表現」とするのではなく、作家が絵画を「通して」思考し、そこに何を「託す」のかという自問を抱いています。作品《絵画碑》では、まず絵画に「時間を託す」として、かつて “何か” であったものの集積である「土」によるテンペラ絵具とデカルコマニー技法により、画面上に現在までの “歴史” という時間を堆積させ、絵画をまるで「時の碑」とするかのような取り組みを見せています。
 同時に「絵画とは絵具と絵具が引き合い、隣同士の色とが交わる連鎖により成り立っている。この意味において、絵画とは絵具と絵具の引力によって成り立っているといえるのではないだろうか。」とする視点から、「私は、この質量ある物質にそなわる互いに求め合う引力を作品に託す。」と思考を進め、ひとつの絵具の塊をデカルコマニーにより再び分つことで、互いに引き合う微かな「引力」を画面上に生じさせようとしています。

 本展『絵画へ捧げる引力』は、こうした薬師川の思考と願いを込めた一連の作品《絵具の引力》を中心に構成しています。個々の作品に見られる絵具の動きには、かつてひとつであった物質が引き合うベクトルを見ることができるとともに、作品を特異点として過去:現在:未来へと移る時間を垣間見ることができます。また、あやういシンメトリックなフォルムには、私たち「人」の面影、あるいは願い・祈る時に「合わせる手」にも似た姿を垣間見ることができ、そこに物質世界と非物質的世界の狭間の様相を目にすることができるのではないでしょうか。

主催・協賛・後援

Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。