注目作家紹介プログラム チャンネル 6 国谷隆志 Deep Projection

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20151029日 -  20151129
開催時間
10時00分 - 18時00分
金・土曜日は夜間開館(20時まで)
(ただし、11 月27 日(金)・28 日(土)は18時まで)
休み
月 (ただし、11 月23 日(月・祝)は開館、翌24 日(火)休館)
入場料
無料
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
兵庫県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
兵庫県立美術館
住所
〒651-0073 兵庫県
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]
最寄り駅
岩屋
電話番号
078-262-0901

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 兵庫県立美術館では、平成22 年度より「注目作家紹介プログラム チャンネル」の試みを始め、学芸員が注目する作家の個展を開催してきました。このプログラムは、今日ますます自由に、大胆に、多様になっていきている「私たちの時代」の芸術表現を、いちはやく皆さまに紹介することを目的にしています。6 年目を迎える今回は、国谷隆志(くにたに・たかし、1974 年生まれ)の個展を開催します。

 国谷隆志は、鏡や紙幣、砂時計、羽毛などをモチーフにして、ものの固有性を詩的に増幅させるような作品をつくってきました。なかでも独自に加工したネオン管を、場を取り込んで展示する作品は、彼の興味をよく物語っています。
 国谷はまず、ネオン管を熱して息を吹き入れ、連続した膨らみをつくります。そしてそれを配置するにあたり、本来は表に出ない変圧器やコードもあえて一緒に見せます。こうすることによって、構造をあらわにしたネオン管が、サインとしてでも照明としてでもないままで、連なった球状の光をゆらゆらと浮遊させる不思議な空間を生むのです。

 本展覧会のタイトル“Deep Projection(深い突起)” は、一見すると逆説的で意味を捉えがたいのですが、実は、展示室の高さと奥行きに国谷がどのように働きかけるかに深く関係しています。会場でぜひ、その意味について考えてみてください。
 
また、当館所蔵のアルベルト・ジャコメッティ作品に呼応する形で、国谷が継続して制作しているネオン管によるシリーズ《Untitled》の新作の展示も予定しています。

[注目作家紹介プログラム“チャンネル” とは]

チャンネル(channel)という単語には「海峡」や「水路」、美術館の前にもある「運河」、テレビやラジオの「チャンネル(局)」、「思考・行動の方向」、さらには何ものかとの「交信」など、様々な意味があります。そこに共通するのは「何かと何かをつなぐこと」。美術館を訪れる人と、同じ時代を生きるアーティストとがつながっていくことを願って、タイトルを“チャンネル”としました。

会場:ギャラリー棟1 階アトリエ1

関連情報

■アーティストトーク
 11 月1 日(日)午後2 時-3 時半
 レクチャールームにて 聴講無料(定員100 名)
 ※兵庫県立美術館「芸術の館 友の会」共催事業

主催・協賛・後援

主催:兵庫県立美術館
後援:公益財団法人伊藤文化財団、公益財団法人中内力コンベンション振興財団

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。